医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017/2018冬【岐阜】スノーボード④ @ひるがの高原

time 2018/03/03

2017/2018冬【岐阜】スノーボード④ @ひるがの高原

こんにちは、Namiです。

試験期間が始まりました。

無事本試で通れば春休みが訪れます。

 

 

 

sponsored link

ひるがの高原スキー場

ひるがの高原スキー場

平日連休ができたので1日は新しいゲレンデに挑戦しようと思って選びました。ゲレンデ全体は広くはないですが、初級者コースが多いので滑りやすそうでした。

 

更衣室

レストランの1階、ロッカールームの奥にあります。駐車場からハウスの方に歩いていった一番奥になります。

更衣室はそこそこ広いのですが、それでも多くの人がいっぺんに入ると場所があまりないです。靴を脱いで着替えをするエリアがあまり広くないので、多くの人はそのエリア以外でもかまわず着替えていました。

更衣室の中に洗面台がありドライヤーが設置されていました。女子には嬉しいサービスです。

 

ちなみにこちら、ロッカーが更衣室内にはありません。更衣室の外にロッカーエリアがあり、サイズの異なる多くのロッカーが設置されています。タッチパネル式で、途中開閉自由です。

大きなロッカーは数が少なく早い時間に埋まってしまうようなので、必要な人は先にロッカーだけ抑えてから着替えるのがいいかもしれません。

板などレンタルの場合1人なら300円か400円のロッカーで十分です。途中開閉を暗証番号でできるので、複数人での利用もしやすいです。

 

レンタル

レンタルハウスはハウスから見て右手にあります。ツアーバスで来た場合、レンタルのクーポンをもらうのですが、実際にレンタルするときはサービスセンターで引き換えたレンタルチケットが必要です。サービスセンターはハウスのゲレンデ側にあります。

私は平日のバスツアーということで、板と靴のセットで1000円でした。レンタルの数は豊富そうですが、靴が紐でしばるタイプでした。

靴はサイズを見るためその場で履くと思いますが、レンタルハウス内は狭く6人程しか座れないためかなり窮屈だと思います。ゲレンデの特性なのか初心者(特に初めての人)が多く、靴の履き方もよくわかっていない人も多かったように思います。多分そのせいで椅子の回転が悪いのだと思います。

 

レストラン

ハウス2階のレストランは私が行った日は半分のエリアで営業していました。休日は全開放なのかな。1時頃に行きましたがなかなか繁盛していました。

値段はどれも高いです。なんというか、スキー場のレストランとしてみれば普通なのですが、(量少なめなんかで)安めのメニューが皆無なんですよね。スポーツ中はあまりがっつり食べたくないので迷いましたが、麺なら大丈夫かと思い醬油ラーメンにしておきました。

ひるがのはレストラン以外にも軽食を頂ける場所があります。ピザや牛丼だったかな。あとはカレーパンもありました。ただしピザあたりは食べる場所が外になるので寒いです。

丼もの(とラーメン)は手ごろな値段でしたが、看板はあるものの店舗を見つけられず断念しました。帰る前にハウス周辺をうろうろしていたら駐車場側のハウス内に見つけました。こちらなら室内でいただけるようです。

 

ゲレンデ

全体は広くはないですが、コースそれぞれの横幅が広いので狭い間隔はないです。リフトに乗る回数は多いですが。

初心者用コース(ゲレンデ中央)へのリフトが2種類あり、行き先は同じなのですが速度が違うというものになっていました。リフトの乗り降りに不安のある方は速度の遅いほうに乗るといいです。

最初は私も遅いリフトに乗ったのですが、降りる地点では係りの方が「今、板に足をのっけてー」といったように、降り方も指示してくれました。2回目に乗った時は特に声をかけられなかったので、結構ちゃんと乗った人を記憶しているような気がします。

 

初心者用コースは横が広いので、滑り出せず座ってしまっている集団がいても後がつまることはなく快適です。最初こそすこし傾斜がありますが、そのあとは緩い傾斜しかないので練習しやすいです。

ただ、私の行った日は本当の初心者が多く(普段から多いのかはわかりません)、コース中央で座りこんでいる人がそこそこいたので、ある程度よけつつ滑れないとスイスイ降りるのは難しいかもしれません。

 

初級者コース(ゲレンデの1番上がスタートのコース)はスターと地点が少し狭いです。2方向にスタートできるのですが、私は林間コースで降りていたので、人がたむろしていることが多かったです。

途中他のコースと合流すると横幅が一気に広がるのですが、そこまでは割と狭いのでこけた人がコース中央にいる時は結構困りました。木の葉なら問題なく通れるとは思いますが、それだと練習にならないのでもはや滑る意味ない気がしてしまい、しばらくコース端で待つことが何回かありました。

時間効率を求めるなら合流地点までは気にせず木の葉ですり抜けて、その後練習するのがよかった気がします。

 

成長記録

終日連続ターンの練習をしました。この日は快晴で積雪もしばらくない期間だったので雪がかなり圧雪状態にありました。ここまでしっかり圧雪されているのは初めてです。私には少し硬くて滑りにくかったのですが、ベテランの方にとっては良コンディションだったそうです。

ターン自体は最初の1回は失敗することがありますが、以前に比べたらかなり安定してきたと思います。後ろ向きで左下に滑るのも慣れてきました。体重もそこまで右足に乗らなくなったので、もう少し滑り込めば大丈夫そうです。

今の課題はターンでの移動距離をコントロールできるくらいに安定させることです。今は進行方向に座り込んでいる人がいる時は、連続ターンでは速度や位置のコントロールに不安があるので木の葉で降りています。そこをターンしながら颯爽と抜けていきたいです。

しかしそこまでたどり着くにはまだまだ時間がかかりそうです。今季はあと1回しか滑らない気がするので、来季の目標ですね。

 

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー