医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017秋【神奈川】彫刻の森美術館

time 2017/11/11

2017秋【神奈川】彫刻の森美術館

こんにちは、Namiです。

 

 

謎解きイベントを探す過程で知った彫刻の森美術館。謎解きはもちろん、美術館もとても楽しいところでした。

小さいころ親に連れられて美術館に行ったことが何回かありますが、その時は退屈な記憶しかありません。彫刻の森美術館は子どもも大人も楽しめる、そんな美術館だと思います。

 

sponsored link

彫刻の森美術館

小田原駅から箱根湯本駅を経由、そこから箱根登山電車に乗って終点の1つ前が彫刻の森駅です。駅から徒歩2分ほどで着きます。

 

入館

時間帯によっては入館券を買うのに並ぶことがあるようです。土日は人が多いようですが、中に入ってしまえば広大な敷地なので人の多さは気にならないと思います。

美術館らしく荷物を預けるロッカーが窓口の手前にあります。コイン式ですがお金が返ってくる仕様なので、必要のないものはできるだけ預けてしまうとよいです。

 

館内

館内と言っても基本的には屋外の展示です。1つ1つの展示物のスケールが大きく、隣とのスペースも十分にとってあるので、人が多すぎて見学しにくいことはないと思います。ただ、写真を撮る場合はどうしても他の人が写ってしまったり、順番待ちが必要になったりすることがあります。

かなり広いので最初の方で1つ1つをしっかり観察していくと、後半は疲れてくる気がします。気になる展示についてはゆっくり説明も読んで、他のはとりあえずさっと通ってもいいかもしれません。

館内をまわっていくと中盤あたりで「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」と出会うと思います。(円柱型の高い塔です。)これは階段しかないのですが、ぜひ登ってみてください。頂上がいいというよりは内部がとてもいいのですが。

ちなみに、ここには足湯もあります。私の行った11月には多くの人が足湯につかっていました。3世代できた家族の親子が外で走り回り、おじいちゃんおばあちゃんが足湯につかって待っているという方々も見かけました。

 

感想

私の行ったことのある美術館の中で1番好きな美術館でした。ただただ絵画を飾ってある美術館が苦手なのですが、こちらは青空のなか迫力のある彫刻をたくさん見ることができてテンションがあがりました。

ここには謎解き「彫刻の森と星の塔」のために訪れたので、それもあってとても楽しい1日が過ごせました。今回は謎解き中心でまわったので、まだまだしっかり見れなかったものがあります。また機会があれば寄ってみたいと思います。

 

箱根旅行の他の記事はこちらから
2017秋【国内】熱海・箱根 2泊3日

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー