医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017【バレンタイン】チョコ手作りしました

time 2017/02/14

2017【バレンタイン】チョコ手作りしました

こんにちは、Namiです。

イベントごとにはできるだけ参加したいタイプの私。バレンタインがチョコレート会社の陰謀だと知っていながら毎年のっかっています。

 

Namiのお菓子作り

私は基本的に面倒なことが嫌いです。具体的に言うと、下準備や片付けが大変なものはつくりません。オーブンもないので焼き菓子も難しい。

そもそも普段、お菓子をつくることはほぼないです。食べるのは好きなんですけどね。生クリーム系が特に好きなので、買ってくることが多いです。デザートとしてつくるならば、”ヨーグルトにはちみつ”か”トーストにジャム”です。トーストはデザートではないと言われることが多いですが、私にとっては立派な食後のデザートです。基本3食お米を食べているので、パンはおやつとして認識しています。

 

2017バレンタインチョコ

レシピ探し

1か月くらい前から何をつくるか考えていたのですが、やはり道具もほとんど使わず時間もかからず材料もいろいろ揃えなくてよいものとして、普通にチョコをつくることにしました。板チョコを買ってきてテンパリングして。でも、ただただテンパリングして固めるだけだと形が変わるだけで面白くないので、ナッツ・ドライフルーツ・コーンフレークを砕いたものにチョコを絡めることにしました。ちなみにチョコはダークでもミルクでもなくホワイトです。いつも自分が食べるために作っている節があるので、自分の1番好きな味をチョイスしています。

道具の準備

まずはなんといっても材料が必要。ということで、ナッツとドライフルーツは普段の買い物の時にお買い得な商品をみつけて事前に購入しておきました。コーンフレークはスーパーで安いものをチョイス。ほかの材料が甘々なので、あえてプレーン味を選びました。ホワイトチョコは近くの100均で1枚70gのものがあったのでいくつか購入。

当初はある程度形を整える予定だったので、同じ100均に打っていた小さいボックスとハートの型を買いました。前日に型はきちんと洗って乾かしておきました。

製作時間は約10分

まずは試作をしてみました。バレンタインの約10日前、一般教養の試験と試験の合間に一旦帰宅して製作。3コマの試験が割と早く終わったので、30分位時間ができたんです。それで今しかない!と思って4コマの勉強もせずにチョコのテンパリング(チョコを湯煎で溶かす作業)を開始。

でも、実際にかかった時間が10分ちょっとだったので、チョコを常温で冷やしながら4コマの試験勉強の復習もできました。どちらもまだ合否は出てませんが落ちたってことはないと思います。成績がいいとは限りませんけど。

本番はバレンタイン前日

バレンタイン当日は所用で時間がないため前日の夜につくることにしました。とはいえその日も朝から夜まで予定があり、ゆっくりできたのは9時過ぎ。それでも余裕でつくれました。本当に楽なレシピです。チョコは冷やすのに時間がかかるので一晩しっかり冷蔵庫で寝かせます。バレンタイン当日はバイトのシフトが入っているので、バイト先の人に少し持っていきました。残りは自分用かな。

 

2018バレンタイン

できればブラウニーとか、生チョコケーキとか、少し凝ったものをつくってみたいです。時間と財布との相談になりますが。今使っている電子レンジがかなり老朽化しているので、壊れたらケーキも焼けるものを買って楽しみたいです。

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

アーカイブ