医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

【沖縄】玉泉洞

time 2019/03/12

【沖縄】玉泉洞

こんにちは、Namiです。

今週の試験をのりきれば春休み。

あと少し頑張ります!

 

sponsored link

玉泉洞

おきなわワールド(公式サイト)

おきなわワールド内にある鍾乳洞です。那覇から車で45分位だった気がします。駐車場がそこそこ大きくて不慣れなレンタカーを運転する身としてはありがたかったです。

 

チケットはいろいろ

チケット売り場はすぐにわかると思います。おきなわワールドには、玉泉洞、王国村、ハブ博物公園があり、それぞれに入場料がかかります。自分の行きたい施設を含むセットパスを購入します。

私は玉泉洞、王国村の2つに入れるチケットにしました。ハブ博物公園にも興味はあったのですが、ハブのショーの時間が微妙に合わなくてかなり待ちそうだったので諦めました。一応小さいヘビなら外にも展示がありますし、大きなヘビとの写真が撮れる場所(有料)も無料エリアにありました。

 

玉泉洞

入り口はおきなわワールド入ってすぐ左側にあります。

内部は一方通行なので、最初に玉泉洞を観た後に他の施設を回るという順路になっていました。

内部は1年を通して約21度らしく、私が観光した日は外よりやや暖かかったです。湿気がすごいのでもわもわする感じでした。入場後すぐに写真を撮ってもらえます。これ、一般的な観光地と違って無料なので、精一杯の笑顔で撮りましょう!私は無料だと知らなかったですが、そこそこの笑顔で撮れていたので良かったです(´・ω・`)

 

順路は矢印を添えてわかりやすく表示されていました。私の行ったときはそこまで人は多くなく、要所要所で写真を撮るために立ち止まるのも簡単でした。

あ、いつものことですが、有料エリアの写真は最低限に抑えています。できるだけ文字で魅力を伝えるので、気になる方は現地に遊びに行ってみてください(*´ω`*)

 

特徴ある造形の場所には名前が付けられているようでしたが、星座と同じくらい想像力がいるかもしれません(*´-`)  私が一番気に入ったポイントは2つの滝が見えるところです。単純に水の流れが好きなのもありますが、鍾乳洞らしい尖った部分と水の流れる滑らかな部分のコントラストがすごくいいと思うんです!

ちょっと切なかったことといえば、通路の上部にある柱は先端がカットされていたこと。人が手を加えてしまってます。全くの手付かずの自然を観せるのは難しいことだと思いますが、そのつらら?を伸ばすのにいったいどれほどの時間が必要だったのか…。複雑な感情になります。

 

さて、面白いなって思ったのは「壺のコーティング」企画。もうすでに開始から10年経っていて、素人目には白い気がしないでもないですが、30年後にどうなってるかなんて聞かれたらまた行きたくなっちゃいますよね。

 

那覇市街地からそんなに遠くないので、車があればゆるっと遊びに行けます。ただ、お隣にある「ガンガラーの谷」は前日までの予約がいるそうで、そちらも考える場合は予定調整しっかりしないといけません。個人的にはかなり気になるスポットなので、次に沖縄にくる機会があれば寄ってみたいです。

玉泉洞も壺のその後が気になるし、20年後あたりにまた行きたいです(*‘∀‘)

 

 

その他の沖縄旅行の記事はこちらから
→ 2019春【国内】沖縄 4泊5日

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー