医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2019春【バリ島】バリサファリ

time 2019/07/23

2019春【バリ島】バリサファリ

こんにちは、Namiです。

ようやく冬用の布団をしまいました。

布団がなくなるだけで部屋が広く見える不思議。

 

 

sponsored link

バリサファリ

ここは私がバリ島で唯一絶対行きたい場所として挙げました。動物園とか水族館とかって動いているものを観察できるのでずーっと見てられるんですよね。

サファリの詳細についてはたくさんの方がまとめられているので、この記事では私の経験を中心に書いていきます。

(今回の記事は少し長いです)

 

予約

バリサファリの1日パスはインターネットで購入できます。ネット購入だと安くなるサイトがあるので、公式サイトから正規料金で買うよりお得です。

1日パスといってもいくつか種類があります。1番安いのは「ジャングルホッパー」で約5000円でそこそこお手頃なんですが、色々な評判を聞いて「レオパード」を選択。料金は約10000円と「ジャングルホッパー」の倍くらいするんですが、お昼に冷房の効いたレストランを利用できるのと「サファリジャーニートリップ」に複数回乗車できるということで決めました。

バリサファリまでの移動なんですけど、せっかくなので無料シャトルを利用することにしました。ホテルの場所にもよると思いますが、私たちの場合は宿泊ホテルから徒歩15分の別のホテルに乗り場があったのでそちらを利用。で、無料シャトルを希望する場合、パスの購入に加えてシャトルの席を予約する必要があります。

バスの停留所はこちら(私たちはダイナスティ・リゾート発を利用)

 

当日の朝 シャトルで出発

集合時間に間に合うようにダイナスティ・リゾートのロビーへ向かいます。時間になると係りの人がきて帰りの時間の確認とともにシャトル利用者のシールを渡してくれます。それを付けていれば帰りもスムーズにバスまで案内してもらえます。

他の地点で停まることなく直行でサファリまで。途中少し車の多いエリアもありましたが11時頃には到着。朝一からサファリを満喫したいならタクシーの方がいいかもしれませんが、11時到着でも十分満喫できたので大丈夫です。

帰りは15時と17時30分の2便が出ていたので(行き先によって帰り便の時間は違います)、17時をお願いしてぎりぎりまで遊びました。

思ったより小さかったシャトルバス

 

たくさんのショーが特徴

バリサファリの特徴はショーだと思います。展示された動物を順番にみるというよりは、ショーの時間に合わせて移動するスタイルがいいと思います。

案内をしているお姉さんに話しかけたら、これからどのショーを回っていけばいいか書き込んでくれました。「レオパード」と「リノ」はパッケージに象乗り体験が含まれているのですが、時間は入場前のチケット引換で指定されるので、その時間を考慮したコースを組んでくれました。

手首につける紙にエレファントライドの時間が書いてあります

入園直後にたまたまアニマルショーに遭遇し、その後ビッグキャットショー(虎)、エレファントショーをまわりました。ここのショー全般に言えることですが、動物の技を見せることではなく我々の教育に力を入れているショーでした。人間と動物がこれまでどのように関わってきたかを見せてくれます。

個人的に1番よかったのは象のショーです。人間に銃で撃たれた象の演技が秀逸でした(*‘∀‘) 虎のショーは動物がいかに”餌”に釣られているかを感じることができます。かわいいけど、あれはもうただの猫ですね。…あ、だからビッグキャットショーなのか(納得)。

ビッグキャットショー(この場面での虎は偽物)

 

エレファントライド

象乗り体験は指定時間より少し前に集合し、書類に名前を書いて出発します。荷物は乗り場にあるロッカーにしまいます。結構日差しがきついので、無料で借りられる帽子?を付けました。

10分って短い感じするかもしれませんが、正直何もないところを歩くだけなので十分な気がします。まあ私は以前タイで象乗りしたことあるので新鮮味がなかっただけかもしれません。

1周して最後のところでカメラマンさんが写真を撮ってくれます。これは現像したものを後で購入することができます。そんなに高くなかった気もしますが、実は写真は他の方法で手に入れられるので買いませんでした。

その方法なんですが、一緒に像に乗ってくれる像使いの方がルートの途中でこちらのカメラで写真をとってくれます。もちろんチップは必要です。「他の人には内緒でやってあげる」って言ってるけど、まあこういうのはみんなしてると思います。

われらはお金をロッカーに入れてしまっていたので乗り場で堂々渡したわけですが、スマートにやり取りするならチップ分くらいはポケットに入れておくべきでした(てか、貴重品ロッカーに入れること自体まずかったかも)。支払ったチップはRp. 10000(100円弱)です。

 

ウマレストラン

「レオパード」パッケージでは昼食を冷房の効いたレストランでビュッフェがいただけます。私たちは少し遅い時間になってしまったのですが、料理はちゃんと全種類あったし人が少なくて料理をとりやすかったので結果的には良いタイミングでした。

最初の一盛

 

バリアグンショー

口コミではかなり評判の良いバリアグンショー。期待に胸を膨らませてまいりました。

で、個人的な感想としては「何がいいのかよくわからない」です。結構長いショーなんですけど、人はたくさん出てくるけど基本的に音楽だけで進んでいくんですね。で、めっちゃすごい技がみれるとかではないし、派手な演出もないし、中盤から眠気が襲ってきて大変でした。

好きな人もいることは理解できます。でも、あれだけ口コミがあって絶賛ばっかりってのはちょっと違和感ありますね。まあ、1日ずっと暑い中歩き回った後に休憩がてら鑑賞するのはありだと思います。

 

サファリジャーニー

車に乗って自由に動いている動物に会いに行けます。「レオパード」以上のパッケージだと複数回の乗車が可能です。私たちは2回乗りました。動物相手だと同じルートでも違う表情が見られるので何回乗っても楽しいです。

写真はあまりうまく撮れませんでした。こういうのは写真撮る時間より自分が見る時間を大切にしたいので途中から諦めました。でも、実際に見た景色は本当によかったので、写真が微妙だからって印象悪くしないで欲しいです(・ω・)

しまうまさんこっち見て…

暑さでごろごろ

 

その他の施設

水族館という名のいくつかの水槽があったり、ウォーターパークという名の無人の子供用プール施設があったりしましたが、基本は動物たちのいるエリアで楽しめばよいと思われます。

自分へのお土産にTシャツを買ったんですが、サイズがL以上しかありませんでした。というか、Lがあるのがいくつかあって、その他は全部LL以上、みたいな(・ω・) 1番欲しかったデザインはLL以上しかなくて、それはさすがに着にくいので別のデザインのLを購入。(部活に着て行ったら部内で1番上手い後輩に「そのTシャツ目がチカチカしますね」と言われたので、その後はもっぱら寝具と化してます。)

そういや帰りにお土産ということで、飲み物(ペットボトル)と帽子を頂きました。飲み物はいいとして、帽子はさすがに普段使えるようなデザインではないので微妙でした。うーん、これ使うことあるかな…。

 

感想

とてもとてもよかったです。私のおすすめは「サファリジャーニー」と「エレファントショー」です。まあパッケージでいけば全部のショーみることにあるとは思いますけど、時間の関係でどれかはぶかなきゃいけないって時はこの2つ以外から選ぶべきかと(・∀・)

日本では春休み中でしたが、現地では普通の平日ということで、席取りもそんなに不自由なくできたし、人ごみで大変な場面もなくて快適でした。

料金設定は高めですが、海外旅行するときにそこ気にしてたら100%楽しめない気がするので、やはり事前にクレジット決済しておいて現地での支払いをなくしておく方が精神衛生上よいかと思われます。そして料金の元を取るために精一杯動き回って楽しむのが正解な気がしますね(*‘∀‘)

というわけで、少し値は張るけど、それでもおすすめ。動物好きには是非行って欲しいバリサファリでした。

 

 

その他のバリ島旅行の記事はこちらから
→ 2019春【南国リゾート】バリ島3泊5日

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ