医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

シアーミュージックでドラムの体験レッスン受けてみた

time 2019/09/29

シアーミュージックでドラムの体験レッスン受けてみた

こんにちは、Namiです。

前々からやってみたかったドラム。

ふと思い出して体験レッスン受けてきました。

 

 

ドラムを演奏したくなったきっかけ

私が再受験医学生ってのはプロフィールにも書いているし、これまでもたまに話題にしてきたわけなのですが、実は私、前の大学にいたときにPAの団体に所属していたんですね。

PAっていうのはPublic Addressの略で、つまり音響サポートする団体です。ライブとかコンサートとかの後ろで卓を囲んで音をマネジメントしてる、そういうやつです。大学の団体とは言え、大学から補助金をもらって200万円とかのミキサーを使ったりしていたので、かなり本格的だったと思います。

それで、まあ、必然的にライブを見る回数が増えまして、しかも裏(ステージ横とか)から見ることが多かったので、そこでドラム叩いてる女性のかっこよさに惚れました(*‘∀‘)

その頃は3つのサークルを掛け持ちしていたのでドラムをするような時間もなく、PA団体を卒業してからはドラムのことすら忘れていたのですが…。最近友達が楽器を習い始めたことを聞いてドラムのことを思い出し、最近少し時間があったので体験レッスンに行ってきた、というわけです。

 

sponsored link

シアーミュージック

シアーミュージックは全国に多数の校舎があります。だいたいどの校舎も駅近だと思います。料金は安くはないですが、ドラム教室ってどこも同じくらいの料金体系なので普通かな。ここを選んだのはレッスンの時間が自由に組めるからです。毎週同じ時間に、っていうのはちょっと難しそうだったので。

体験予約はホームページから簡単にできます。時間や日によって、予約リクエストか即時予約確定か分かれます。私は即時確定の時間を選んだので、申込直後に確定メールが届きました。

今回どの校舎に行ったかは諸事情により秘密です。諸事情は後半にわかると思います。

 

校舎の雰囲気

私が行った校舎は入口は少し狭い印象だけど、明るい雰囲気の教室でした。靴を脱いでスリッパをはきます。楽器やコースごとにブースが分かれています。

平日に行ったからかあまり人がいませんでした。見かけたのは受付に1人、あとはボーカルの先生と生徒さん、そして私と体験を担当してくれた先生くらいです。ちょっと待合が狭い気もしましたが、そもそも人が少ないのでこれくらいでも大丈夫かな、って感じ。

 

体験内容

ドラムは見たことはあるものの、スティックすら持ったことないレベルの初心者だったので、基本中の基本を教えてもらいました。多分本当にドラム知識ゼロだとドラムセットについても詳しく教えてくれると思います。私はPA団体にいたことをお話したので、その辺りはかるーく確認しただけでした。

具体的には8ビートとフィルインと呼ばれるものです。一応この2つができれば、曲に合わせてなんちゃって演奏ができます(*‘∀‘) 演奏したい曲があれば音源を用意していけばそれに合わせて演奏できるそうですが、私の好きな音楽は洋楽パンクロックでして、かっこいいのですが初心者にはテンポが速すぎなので、安定のoasisさんにお願いしまして演奏することに。

最初はゆっくり8ビートだけでも右足(バスドラ)と左手(スネア)を一緒に叩いてしまってパニックになってたんですが、後半はゆっくりで集中していればなんとか続けられるように!その後フィルイン(周期的に訪れる区切りのダダダダンッ!的なやつ)も交えて何回か練習し、最後はoasisの曲に合わせて8ビートを刻めるようになりました。

体験はちょうど30分ほどで終了。曲に合わせて演奏までできたので大変満足です。

 

入会するかしないか

ホームページの説明では30分の練習体験と30分の教室案内(勧誘?)で1時間ほどってあったのですが、実際は案内5分程でさくっと終わりました。その場で入会する場合は銀行口座のキャッシュカードなどを持参ってあったので一応持って行きましたが、その場では決められずそのまま帰宅です。

決められずっていうか、入会はしないことに決めました(・∀・)

 

良かった点

・駅近
・教室明るい

アクセスは重要なのでそこはかなりよかったです。でも他がなあ。

 

悪かった点(惹かれなかった点)

・ブースが狭い
・ドラムセットがエレキ1台
・先生がかっこよくない

広けりゃいいってもんでもないですけど、狭いのは圧迫感があってちょっと嫌です。ドラムのすぐ後ろが壁で、誰に向けて演奏してんだか…って雰囲気になります。

狭いブースに本物のドラムセットはそれこそ無謀でしょうけど、エレキってなんだか味気ない。シンバル黒いし(・ω・‛) タム系も総じて小さいし、やっぱりスネアの場違いなキラキラとバスドラの存在感って大事だと思うんですよ。で、それが1台なんですね。ってことは先生に教えてもらうたびに椅子を交代しなくてはいけなくて、しかもせまい室内で、それがなんとなく嫌でした。

 

で、最後なんですけど、これが言いたかったから校舎名伏せてるんですけど(特定しても黙っててくれると嬉しいです。どうしても言いたかったらDMとかにしてください。)、先生がかっこよくなかったんですよ。あの、イケメンじゃないとかそういうことではなくて、ミュージシャンとしてのかっこよさってあるじゃないですか。それがなかったんですよね。なんか普通の会社員って感じで。

100歩譲って夜は陽気なバンドマンをしてる会社員なら全然問題なかったんですけど、なんか先生人見知りなのかな?ってレベルでテンション上がらんのです(´_ゝ`) こっちはむしろレッスンやりやすくなるよう、いつもにも増してフレンドリーな感じで頑張ったんだけどな。

ドラムに限らずですけど、楽器やりたいって思うきっかけって「かっこいい!」って要素大きいと思うんです。それがしぼんじゃう感じでした。レッスン内容はさておき、この先生にこれから教えてもらいたいってならなかったです。

性格は変えるの大変だから、せめて見た目だけでも改善してほしいな。

 

とりあえず

リップ塗って唇の保湿しよ?

 

リップ塗って唇の保湿しよ?

 

大事なことなので2回言いました。至近距離で教えるならその辺気にしてほしいな。先生が1人だけってこともないと思うので、この辺りは運もあるかもです。ドラムはマンツーマンのレッスンのところが多いので、先生との相性が合わないと楽しく続けられない気がします。

 

感想

初めてドラムを叩けたことはとても楽しかったし、いい感じに難しくてもっとうまくなりたいなって思いました。でも、今回の体験レッスンでは途中から「早く終わらないかな…」って考えてしまっていて、レッスンを楽しめたとは言えませんでした。

というわけで、また時間を見つけて他の音楽教室の体験レッスンを受けてみたいなと思います。調べてみるといろいろな教室があるようなので、アクセスのいい場所を探して行ってみます。

 

 

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ