医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017春ヨーロッパ20 ~乗継を繰り返しリヨンまで~

time 2017/04/10

2017春ヨーロッパ20 ~乗継を繰り返しリヨンまで~

こんにちは、Namiです。

年間スケジュールによると前期は割と暇です。

でも遠出できるほどではないんですよね、残念。

 

sponsored link

これまでの道程

コペンハーゲン(デンマーク)
ハンブルク(ドイツ)
ドレスデン(ドイツ)
プラハ(チェコ)
ウィーン(オーストリア)
チューリッヒ(スイス)→チョコレート工場・チーズ工場
エンゲルベルク(スイス)→スノーボード
ミラノ(イタリア)
トレント(イタリア)
リヨン(フランス)

—–(ここから予定)——–
パリ(フランス)

 

新たに手配した予定

なし

 

Day19

この日は丸一日かけて移動します。トレント(イタリア)からリヨン(フランス)まで直通はもちろん乗継少なくいけるルートもなかったので、中継でどこか1泊しようとトリノだったり2回目のミラノだったり考えてみたんですけど、1泊での移動は結局観光もあまりできず次の日も移動で結局疲れるのでリヨンまで乗継4回で頑張ることにしました。

 

この日のルート

1)トレント→ベローナ(イタリア)
2)ベローナ→ミラノ(イタリア)
3)ミラノ→ジュネーヴ(スイス)
4)ジュネーヴ→キュロズ(フランス)
5)キュロズ→リヨン(フランス)

トレント発が朝7時過ぎで、リヨン着が夕方6時ごろでした。ちなみに、リヨンの宿はリヨン駅から地下鉄に乗らなくてはいけなかったので、宿には7時半くらいについたかと思います。

 

トレント宿 チェックアウト

チェックアウトが7時前になるので、前日の夜に受付が開いているか確認したところ6時半から開くので大丈夫とのことで安心。

していたのですが、6時45分に受付に行くと誰もいない。そもそも鍵がかかっていて受付に入れないし…。呼び出しベルがあったので押してみましたが音が鳴るわけでもないし反応もなく、伝わってるのかもわからないまま待つ羽目に。

カードキーを導入している宿にはよくあることなのですが、この宿もキーのデポジットをチェックイン時に渡しています。電車に乗り遅れると今日中にリヨンにいけないけれど、でも5€返してほしい。というわけでかなりぎりぎりまで粘ったところ、特に急いだ様子もない受付の人が来まして無事チェックアウトできました。

これはなかなか防ぎようがないのですが、チェックアウトの際は時間にゆとりをもって動くしかないです。このときも15分は待ったので。チェックアウトしてからロビーなどで時間をつぶすようにした方がいいかもしれません。

 

ミラノで休憩

午前中にミラノに到着しました。ここでジュネーヴまでの電車の席を予約します。この区間は予約必須なのですが、イタリアは電車の遅延が多いので事前予約はしませんでした。今回は窓口に並んで予約をとってもらいました。

そのあとはベンチで本を読みながら時間をつぶします。ミラノは今回の旅の中でもかなり治安が悪いほうなので、ベンチに座るときにはバックパックの腕を通す部分に足を通し、バックパックとキャリーケースは紐でつなぎます。まあ、治安の良し悪しに関わらず、私は海外では基本このスタイルなのですが。

次の電車の時間に合わせて構内のパン屋でクロワッサンサンドを買って、電車内でランチとして頂きました。やはり1等車だと(予約できる電車は基本1等車がある)スペースも広いし、静かな雰囲気なのでゆっくり食べることができます。

 

リヨン着

ジュネーヴ駅の乗り換えでフランスの簡易入国審査があったり、フランス国内での乗換駅がびっくりするくらい田舎だったり、いろいろありましたが無事にリヨン駅に到着しました。リヨンでの宿は周りが繁華街ではないので日が落ちる前につきたかったので急ぎます。

構内の掲示を見てメトロの駅へ移動します。切符の買い方などは事前に調べておいたのでスムーズに行きました。しかしそれでも、宿の最寄り駅に着くころには結構暗くなっていました。

グーグルマップをスクショしたものを頼りに歩いたのですが、なんだか思っていたのと違う道を進んでいる気がして通りを歩く人に声をかけました。変な人に関わるのは嫌だったので、ベビーカーを押している女性を見つけて声をかけました。

幸い英語の話せる方ですぐ近くに住んでいるらしく、宿に向かう道の交差点まで一緒に歩いてくれました。宿の近くにはバーがいくつかあり、やはり1人で出歩くような雰囲気ではなかったので、真っ暗になる前についてよかったです。

 

久しぶりの日本人

宿についてWiFiパスワードをゲットしごろごろしていると、ふいに日本語で話しかけられました。この旅初めての日本人女性との出会いでした。次の日にどこか観光する場所を探していて、キッチンスペースにいるもう1人の日本人男性とこれから相談するとのこと。せっかくなので混ぜてもらおうと思い、夕食がてらキッチンで2人の相談に加わりました。

女性はワーホリでフランスにきていて、それ以前にはオーストラリアでもワーホリをしたことがあるらしく話が盛り上がりました。男性は学校を卒業して1人旅をしていましたが、初海外ということでかなり初々しくみえました。

その男性の知り合いの知り合いがフランスに留学しており、連絡がつけばリヨン市内を案内してくれるそう。それに私たち2人ものっかって大丈夫みたいなので、うまくいったら4人で観光、連絡つかないときは少し遠出して遺跡を見に行くことにしてこの日は別れました。(といっても同じ宿。)

今回は特に語学を学びにきたわけではないので、こうやって日本人と出会って一緒に動くのは嬉しいです。最近あまり人と話せてなかったので、この日はかなり話しまくりました。

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

アーカイブ