医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017春ヨーロッパ4 ~ICEでドイツハンブルクへ~

time 2017/03/04

2017春ヨーロッパ4 ~ICEでドイツハンブルクへ~

こんにちは、Namiです。

ようやくデンマークを離れます。

物価が高いのがこんなにストレスとは思いませんでした。

 

sponsored link

追加で手配した予定

ドレスデンまでの座席指定

 

Day3

朝は日本から持ってきたコーンスープでほっこり。さすがに毎食パンばかりだと口がからからになりそうです。

 

初のヨーロッパ高速列車

今日はコペンハーゲンを離れてドイツのハンブルクまで5時間程の大移動です。電車は世界的にも有名なICE。とはいっても、当日はそんなに特別な感じはありませんでした。(後に他の高速列車に乗り、ICEのすごさを理解します。)

ユーレイルパスを使うのもヨーロッパの高速列車な乗るのも初めてなので、かなり余裕をもって駅へ行きました。ここで残っていたデンマーククローネ硬貨を使いきるためお店をうろうろ。電車内で食べる昼食にフォカッチャとスムージーを購入します。スムージーは何が入ってるか2割程わからなくてドキドキ。

定刻の15分前にホームへ移動すると、すでに沢山の旅行者が集まっていました。予約で貰っていた車両番号は71で、実際どの辺りに停車するのかわかりません。まさか71も車両があるわけないでしょうし…。結局電車が到着してから車両番号確認して移動しました。ホームでの停車時間はある程度あるので、必死に乗り込まなくても大丈夫そうです。

車両に乗り込むと座席番号で左右に分かれます。私は最初、自分の番号を勘違いして逆側に入ってしまいました。どうやらそこは2等車だったようで人がわらわらいるとぎゅうぎゅう。パスを持っている私は1等車に乗れるので、指定された席につくとかなり広々で快適でした。

電車が発車するとまもなく車掌さんが回ってきます。パスと座席指定券を見せて日付のスタンプを貰います。パスの個人情報を書く欄が未記入だったので、書き込んでおくよう言われました。その後駅で買ったフォカッチャとスムージーを食します。フォカッチャは普通に美味しかったですが、スムージーは変な味がしました(知ってる味な気がするが何かわからない)。でも完食しましたよ。

電車の時間が長いので乗車中に日記を書こうと思い酔い止めを飲んだのですが、結果的にこれはかなりナイスな選択でした。

 

海をこえて

車内にアナウンスがあった後、数人の乗車がコートを着て電車を降りる準備を始めました。でも大きな荷物は持っていく様子がないんです。しかもさっきから電車は超低速で、まるで引きずられているかのように何かの建物内にはいっていきます。

そう、フェリーです!さっきのアナウンスは「フェリー中は電車の外に出ていてね」というものだったよう。貴重品の入った鞄だけ持ってフェリー内部へ移動です。

このフェリー、結構広くていろいろなお店が入っていました。お昼過ぎという時間もあり、多くの人がご飯を食べながら外を見てました。残念ながら天気は悪くていい景色は見れませんでしたが。

 

ハンブルク着

ハンブルクに到着。線路も多いし人も多いしで、始めはどこにいっていいのかわからず。インフォメーションセンターらしきところを見つけられなかったので、出口付近にあった地図を頼りに現在位置を確認。駅前の道が解りにくかったのですが、雨も降っていたので早く宿まで行きたくてとりあえず歩き始めました。

雨だし寒いし方向よくわからないし、少し考えたら駅でもう少ししっかり場所確認した方がよかったんですけどね。結局途中でどこ歩いているのかわからなくなって、バックパックからタブレット引っ張り出してGPSのお世話になりました。案外駅から遠くて、結構時間がかかりました。

ようやく宿に到着。エレベーターがいかにもヨーロッパ的で風情がありました。中にはいると受付にアジア系の女性が。日本人ではありませんでしたが、ちょっと安心しました。もうね、英語を話してくれるだけで嬉しいんですよ。

チェックインをしたらすぐに駅に戻ります。次の日のために駅のロッカーの下見をしたかったのと、ドレスデンまでの座席指定券をとるためです。ロッカーは割とすぐに見つかったんですが、窓口がよくわからない。ここかな、と思うところに聞いて教えてもらいながらなんとか発見。チケットオフィスって駅の端にあるものなんですかね。

 

ドイツ語の壁

番号札の発券をして順番を待ちます。自分の番号が掲示板に出たので行ってみると…。ハローと声をかけたのですが、男性の係員がドイツ語でまくし立てます。ソーリー?と聞き返してもドイツ語を繰り返すだけ。「え、なんか私間違ったのかな。ここじゃないのかな?」と思って立ち去ろうとしたら、英語でここで合ってるよって言われました。だったら最初から英語で話して欲しかった。

そんなこんなで心が折れそうになりつつもなんとかドレスデンまでの指定券をゲット。本当は座席指定なしで乗る場合、どの表示なら座れるのか聞きたかったんですが、それはもう諦めました。というより、心が折れちゃったんですかね。

まあ、チケットはとれたし、あとは夕飯をてにいれたら今日の予定は完了です。宿の近くにスーパーがあったので帰りに寄ることにしました。

 

ドイツ語の壁再び

スーパーではパンとサラダとりんごを買ったんですが、レジにて店員の女性からりんごを指差してドイツ語で何か指示されます。この方は英語話せないようで、何回も何回も繰り返してはくれるんですけどわかるわけないっていうね。

その時は私の次に並んでいた男の方が私を連れていってくれて身振り手振りで教えてくれました。久々に人の優しさに触れたのですが、その前のショックが大きすぎて。しかも立ち直る前に再度壁を感じる出来事が。

 

ドイツ語の壁再再

ここしばらく食事が冷たいもののことが多かったので、この日の夕飯は中華のテイクアウトを買うことにしました。注文はメニュー表の番号でしたので簡単だったんですが、その後の会話が全くできず。店員さんにとって英語は、中国語ドイツ語に続く第3言語なのでしょうがないですが、もう英語は諦め身振りで頑張って伝えました。

 

宿はオアシス

宿に帰ってきてご飯とシャワー。同室の子が早くから部屋を暗くしていたので早々に眠くなり、Wi-Fiの速度も落ちていたのでさっさと寝ました。

今回の宿はこじんまりとしているけれど、部屋は広いし設備もまあまあだしで、結構私が好きなタイプでした。宿については帰国後にまとめて書きたいと思っています。

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ