医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017夏【ヨーロッパ】オランダ&ベルギー6日間

time 2017/09/29

2017夏【ヨーロッパ】オランダ&ベルギー6日間

こんにちは、Namiです。

 

 

今回は8月後半に母親と行ったオランダ、ベルギー旅行についてです。母親と2人っきりでの観光旅行は実は初めてかもしれません。

母親は英語はほとんど話せませんが海外でも物怖じしない性格なので、1人ではあまりまわれないようなところに連れて行って欲しいなと思っていました。会話は私がサポートしました。

ここでは日程を中心に書いています。それぞれについての詳しい話はリンク先を参照ください。

 

sponsored link

日程

出発前日

午前:バイト
午後:移動

今回は飛行機が朝の割と早い時間に飛ぶもので、最寄り駅を始発で出発すれば間に合う予定でしたが、それを逃すと集合時間に遅れるため念のため大阪で前泊しました。

前日に泊まれるところを探したのですが、運よく1500円のベッドが1台空いていたので即予約しました。関西国際空港まで南海電鉄で約1時間です。

ゲストハウスわさび大阪 → 【宿】ホステル わさび大阪【大阪】

 

1日目

まず空港で母親と合流します。すでにチェックインカウンターは開いていたのでそのままチェックイン。母は実に40年ぶりの海外旅行だったので、自動チェックイン機も目新しかったようです。(国内線はよく利用してるはずなのですが。)

今回はKLM航空を利用しました。オランダのアムステルダムまでの直行便です。アムステルダムには同じ日の15時着で、この日の夜はデンハーグに宿をとっていたのでそこまで移動します。

デンハーグは小さな町ですが、ちょうど国際的な花火大会が行われている期間だったので楽しみにしていました。しかし現地では強い風が吹いており、夕方から雨も降りだしました。ちなみにこの時期(8月後半)のオランダはとても寒いです。普通にダウン着てる人もいました。

結局移動の疲れと現地の寒さから花火大会は諦めることに。実際に開催されるかもわからない状況で、夜9時半には就寝しました。(花火大会は10時位に開始)

KLM航空 → 【空旅】KLM航空
stay okay hostel → 【宿】ステイオーケー ホステル デンハーグ【オランダ】
スフェニンゲン国際花火大会 → 2017夏【オランダ】スフェニンゲン国際花火大会

 

2日目

デンハーグを離れベルギーのブリュッセルに移動します。ブリュッセルにつくとまたもや雨。元々旅行期間は天気が悪いと予報されていたので、持ってきた折りたたみ傘が大活躍。しかし寒い。

ホステルにチェックインし荷物を置いた後、その場で調べたご飯がおいしそうなお店へ出かけます。1人で旅行すると現地レストランには入りにくいので、今回は親の力を借りて挑戦してみました。

ランチのつもりで行ったレストラン(バーなのかも)でしたが、時間が遅かったのと量がかなり多かったので結局夕食の位置づけに。帰りにスーパーでちょっとした食糧と水をかって帰り、その日は寝るまでホステルで過ごしました。

Fin de Siècle(ベルギー料理レストラン) → 【ベルギー】Fin de Siècle(ファン ドゥ シエクラ)
Sleep Well Youth Hostel → 【宿】スリープ ウェル ユース ホステル【ベルギー】

 

3日目

ホステルは朝食付きだったので朝はゆっくり。その後9時の電車に間に合うように準備してリエージュに向かいます。リエージュはワッフルで有名な町です。日本でよく知られているベルギーワッフルはリエージュ風、カフェなどでたまに見る長方形のワッフルがブリュッセル風です。

リエージュでは週末ということでマーケットが開かれていました。近くの行列の出来ていたワッフル屋さんでシナモンワッフル購入。他には長く続く階段を上ると町が奇麗に見えるということで、高台にも行きました。

ブリュッセルに戻ってきてから駅の裏側にある楽器博物館に立ち寄りました。閉館まで1時間ほどしかなかったので駆け足で回ります。普段は美術館や博物館にはあまり興味がないのですが、母親が音楽関係の仕事だったため楽器には多少興味があり母も楽しめるかと思いチョイスしました。軽い気持ちで行ったのですが、ここはとても面白かったです。

その後まだ時間があったので、母がずっと行きたいと言っていた有名ワッフル専門店「ダンドワ」へ。事前にはっきりとした位置を調べていなかったので少し迷いましたが、無事店内カフェにてワッフルを頂けました。このお店のワッフルは本当におすすめです。

リエージュ観光 → 2017夏【ベルギー】リエージュ観光
楽器博物館 → 2017夏【ベルギー】楽器博物館
ダンドワ(DANDOY) → 【ベルギー】ダンドワ(DANDOY)~ベルギーワッフル~

 

4日目

ベルギーにきたら多くの方が訪れるブルージュに遊びに行きました。たくさんの教会が観光名所かなとも思うのですが、ここでの観光は運河クルーズくらいであとはお昼にムール貝をいただきました。

午後はブリュッセルからアムステルダムに戻ります。高速列車タリスを利用しました。アムステルダムには夕方6時頃に到着です。

ホステルにチェックインして近くのチャイナタウンでタイ料理をテイクアウトし部屋で夕食。部屋の照明がかなり暗く早々に眠くなったので夜は早めに就寝しました。

ブルージュ観光 → 2017夏【ベルギー】ブルージュ観光
高速列車タリス(Thalys) → 未定
Heart Of Amsterdam(ホステル) → 【宿】ハート オブ アムステルダム【オランダ】

 

5日目

この日は朝からアムステルダム近郊ツアーに参加しました。このツアーだけは日本で予約をとっていました。半日(午後2時まで)で風車の町、チーズ工場、木靴工場をまわるものです。

アムステルダムに戻ってからは母の希望で国立博物館へ行きました。その後ゴッホ美術館にも立ち寄ったのですが、時間予約のチケットを持っていない人は入場制限により外で長い列を作っていたので中に入るのは諦めました。

夕食は中心広場付近のアジア系レストランが立ち並ぶ通りで中華をいただきました。この日はホステルの部屋で食べたくないということで店内で夕飯です。

アムステルダム近郊半日ツアー → 未定
アムステルダム市内観光 → 未定

 

6日目

帰国日です。お昼発の飛行機でしたが観光するにも微妙な時間しかなかったので空港でゆっくりすることにしました。スカイデッキにいったりフローズンヨーグルト食べたりしてます。

日本には日付を越えて次の日の朝9時頃着きました。

アムステルダム空港 → 未定

 

感想

1日1日がとても充実した旅行でした。行きたいところすべてに行けたわけではないですが、短い日程の中頑張って動いたほうだと思います。母親も満足してくれたようで一安心。

とはいえ、初日の花火大会はちょっと心残りです。結局10時半頃から日本の花火が打ちあがったそうで、あの後雨がやんだのかもしれません。旅行初日でなければ頑張れたと思うので、日程調整は大事だなと思いました。(ただ今回は私のとれる休みがこの日からしかなかったのでどうしようもなかったのです。)

オランダとベルギー、どちらがよかったかと聞かれたら私は断然ベルギーです。街自体は小さいですが、その分動きやすく、また近郊の町も魅力的なところが多いです。そして何といってもベルギーワッフル!これが決め手かな。

観光は実質5日とヨーロッパに行くにはかなり短い日程でした。この日程だと他の地域の方がいいかもしれないと散々悩みましたが、結果ヨーロッパで本当によかったです。コスパは悪いと思うのでおすすめはできませんが、もう少し長い日程でヨーロッパ周遊、そのうち6日間位をオランダベルギーに使ってみてはいかがでしょうか。きっと満足できる旅になると思います。

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー