医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

【宿】レイクフロント ロッジ バックパッカーズ【NZ】

time 2018/04/10

【宿】レイクフロント ロッジ バックパッカーズ【NZ】

こんにちは、Namiです。

今年はGWに部活の試合がないので完全に連休です。

どこか行きたいのにどこも人が多そうで行き先が決まりません。

 

 

海外の宿紹介第16弾はニュージーランドのテカポからです。

テカポは湖が奇麗なことで有名です。宿が少ないのでハイシーズンは早めに予約する必要があります。

 

sponsored link

Lakefront Lodge Backpackers

予約サイト(Booking.com)

そこそこ早めに宿探しを始めたのですが、それでもツインルームを押えることができませんでした。(ホテルなどであれば選択肢はたくさんあります。)

テカポまではバスで移動するつもりだったので、バス乗り場から徒歩で行ける距離の宿を探してここになりました。テカポ湖のすぐそばにあるので、いつでも湖を見ることができます。

 

行き方

町の中心から徒歩15分以内と元々立地は悪くありませんが、事前に連絡しておけば車で迎えにきてくれます。車なら約3分ほど。

私たちはいろいろな理由から徒歩で向かいました。距離としては十分歩ける程度でしたが、途中から砂利道なのでスーツケースを引っ張るのは少し面倒でした。

バス停(村のある側)から道路を見て右手に歩きます。村を出てすぐに右に入る砂利道があるので、そこを降りてしばらく歩くと右手にフロントのある建物があります。

曲がる場所が少しわかりにくいのですが、それは案内板が取れているせいだと思います。少し先まで行って振り返ると、逆方面からくる人に向けた大きな案内板がありました。入っていく道自体は大きいので、坂を上がる前に右手に降りていく道を見つけたら迷わず進んでいってください。

 

システム

チェックインは時間前でも部屋が清掃済みならできます。鍵は昔ながらのタイプで、ストラップもついています。村までの送迎は事前に頼めばしてもらえます。基本的にはバスの時間に合わせてやっているようです。

オンラインで予約した際にクレジットカードの情報を登録していれば、現地ではカードを出さずに料金を支払うことができます。

チェックアウト時にはリネン類を指定の場所にもっていかなくてはいけません。あとは鍵を返しておしまいです。荷物のストレージは無料でしてもらえます。

 

4人部屋(男女共用ドミトリー)

ツインルームがなかったので泣く泣くドミトリーでの宿泊となりました。もちろんお金を払えばホテルに部屋はいくらでも(とはいえ他の都市より少ないですが)あります。

テカポ自体にツインルームがあまりないんです。そしてドミトリーにしても女性専用がなかなかありません。1人で泊まるときは安全のためできるだけ女性専用に泊まっていますし、今回母親と一緒だったので欧米の男性と同室になるという可能性も考えて本当に悩みました。

結局同室は日本人女性2人で、特に問題なく終わりました。母親は当時『日本人より外国人の方がむしろ気が楽だった。日本人だと気を遣う。』と言っていましたが、その後の言動からやはり日本人と同室の方が不満が少ないようでした。

 

部屋は2段ベッドが2つ。椅子が1つ。コンセントが1か所2口でした。ベッドは木製のしっかりしたつくりのもので、人の動きでベッドがきしんだり音がすることもありませんでした。ただ、下段は普通に座ると頭が当たるのでくつろぎにくいと思います。

そして特筆すべきはその狭さ。小さめのスーツケースを2つ広げただけでスペースが埋まってしまいます。4人部屋であの狭さはかなり動きにくいです。しかもドアが部屋の内側に開くので、誰かが荷物整理しているとドアが開きません。

 

キッチン

とても広々しています。自炊できる最低限のものは揃っています。普通に考えたら十分な設備なんですけど、宿泊者数も多いので夕食の時間帯はコンロ(IH)待ちが発生します。食事できるテーブルも埋まるので、ゆっくり食べたいなら他の人と少し時間をずらした方がよさそうです。

冷蔵庫は大きめのものが2つあります。でも結構ぎゅうぎゅうです。冷凍庫はありません。

こちらはリビング(手前がキッチン)

 

シャワー

女性用トイレの空間にシャワーもあります。それぞれ個室になっているので使いやすいと思います。洗面台も広いので顔も洗いやすいです。

アメニティは何もありません。シャワーの水圧は十分でした。特に気になる部分もなく、明るい空間だったので清潔感がありました。

 

その他

リビングスペースが広かったり、シャワールームが解放感のある感じだったりで、私としては好きな宿です。清掃もしっかりされている印象でした。スタッフの方もフレンドリーでいい感じでした。

町のスーパーも近いので自炊がおすすめです。本当に湖のそばなので、散策しながらゆっくりするにはとてもいい宿です。

唯一気になったのはWi-Fiが有料だったことでしょうか。SNSでログインしてバウチャーを買うか、フロントで頼めば使えるようになります。今回私たちは1泊だったのでWi-Fiなしで過ごしましたが、そんなに高くなかったですし、その後の宿でも無料Wi-Fiを使えなかったので、ここでは使えばよかったなと思っています。

 

 

ニュージーランド旅行の他の記事はこちらから
2018春【オセアニア】ニュージーランド10日間

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ