医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017夏【マクタン島】OWDライセンス取得 @ブルーコーラル 前半

time 2017/07/26

2017夏【マクタン島】OWDライセンス取得 @ブルーコーラル 前半

こんにちは、Namiです。

世間的にも夏休みの時期になりました。

私は現在ニューヨークでぼっち滞在中。

 

今回はフィリピンでのOWD(オープンウォーターダイバー)のライセンス取得についてです。元々は沖縄でとるつもりだったのですが、調べ始めたのが遅くホテルや航空券に空きがありませんでした。そこで移動に時間を取られず、最短でライセンス取得できるところということでフィリピンのマクタン島が候補にあがりました。

費用としては沖縄で取るよりトータル割高ですが、経験として海外の海を潜れるというのと、この機会を逃すと次いつライセンス取得の時間が取れるかわからなかったので、フィリピンでの取得に踏み切りました。

 

ブルーコーラル

今回お世話になったダイビングショップです。日本の方も多く働いており、講習が全て日本語で受けられるので安心です。マクタン島内であれば無料でピックアップしてもらえます。

リッチな方々はブルーコーラルの入っているリゾートのホテルに宿泊してしまえば、移動時間のロスもなく快適に講習を受けることができると思います。1階のレストランしか見ていませんが、なかなかの高級なホテルなのではないかと予想。

ちなみに講習中のお昼休憩はホテルのレストランを利用することもできます。朝食はビュッフェ形式で種類も豊富、とてもおいしそうでした。

 

sponsored link

OWD 取得講習(初日

学科講習

現地で受けることもできますが、私は時間節約のためe-ラーニングで既に学習済み。実はこれが結構時間がかかって大変でした。

そもそも試験週間直前の時期だったので試験勉強の合間に学科の勉強。e-ラーニングはビデオを見ながら進める感じなので、自分で時間の調整がしにくいです。もともと英語の教材をいろいろな言語に直しているようで、ナレーションと映像の文字がずれることもしばしば。話す速さも結構ゆっくりなので、これだけのためにPC前に座るのは精神的に大変でした。

結局ごはん食べながら見たり携帯いじりながら見たりして、講習の3日前くらいに最後まで到達。ショップの人にも言われてたのですが、本当に早め早めにやりだすのがいいと思われます。

教科書で勉強する方法もあるのですがそれはちょっと眠くなりそうなので、私に合っていたのはショップで学科講習を受けるタイプかな、と思います。でも事前にダイビングがどんなものか理解してしっかり心の準備ができるという点ではe-ラーニングはおすすめです。

e-ラーニングにもテストがあり、その成績表をプリントアウトしてショップに持っていきます。ショップでは最終的な復習テストを受けましたが、全問正解でした!

 

プール講習

ブルーコーラルではリゾート内のホテルのプールを利用します。ショップ専用ではないので他の宿泊客の方も泳いでますし、なにより普通に足がつく深さなので逆にやりにくいかもしれません。

プール講習では水中のスキルを学ぶだけなので浅くても大丈夫ではあるのですが、泳いでいたら子供に進路を阻まれたり、あとは潜行を経験できなかったりします。

自分はインストラクターの方とマンツーマンでしたが、ハイシーズンには1対10になることもあるらしく、その時のプール講習は動ける範囲が狭くてかなり大変そうです。

ちなみに、プール講習の前にライセンス用の写真を撮りました。データとして必要だそうでデジカメで完了、日本から証明写真などを持っていく必要はないです。

 

ランチ

お昼は250ペソでホテルのランチパックを頼めます。持ち込みも可能なので、準備ができる人は事前に買ったものを持ってくるのがいいと思います。私は前日の夜にホテル着で外出する時間もなかったので、ランチパックを購入しました。

チキン、ポーク、ビーフから選べます。私はポークカレーにしました。昼休憩は1時間以上取ってもらえたのでかなりゆっくりできました。(水は持ち込みです。)

 

海洋実習

午後からは海洋実習です。でもその前に泳力チェックがありました。これはプールで行います。200m泳ぎ切るのと10分間の立ち泳ぎです。どちらも無事にパスしましたが、直後は息も上がって結構疲れてしまいました。

その後ボートで沖合に出ます。といっても岸からそんなに離れてないです。この日はボートが貸し切り状態だったのでスペースを広々使えてやりやすかったです。

朝からファンダイビングに行く人は乗り合いでこんな感じ。(沖で大きいボートに乗り換えるはず。)

海洋実習では各ダイブの前に水中で行うスキルを説明されます。どれもプール講習でやったものなので、落ち着いてすれば特に問題なくできるはずです。私は1個だけ焦ったものがありましたが、一応全て1回でOKをもらいました。

 

ログ付け

ダイビングは毎回終わった後に記録をつけていきます。地域によっては”20ダイブ以上の経験者のみダイブ可能”のようなところもあるそうで、記録をつけるのはとても大事です。

今回は講習ということで、インストラクターの方のダイブコンピュータのデータでログ付けです。今回見かけた魚の一部もメモしました。

 

ログ#1

POINT セブ マクタン マリンステーション
目的 OWD1
器材 アルミ11L 4kg 3mm

気温 31.0℃
水温 29.2℃
透明度 12m

タンク圧 START 220
FINISH 140
IN時間 15:01
OUT時間 15:36

最大深度 9.2m
平均深度 6.6m
潜水時間 35分

海底で行ったスキル
レギュレーターリカバリー
マスク半水

出会った生物(一部)
イワシ
カサゴ
イシヨウジ
オヤビッチャー
クマノミ

 

ログ#2

POINT セブ マクタン マリンステーション
目的 OWD2
器材 アルミ9L 4kg 3mm

気温 31.0℃
水温 28.0℃
透明度 12m

タンク圧 START 230
FINISH 130
IN時間 16:33
OUT時間 17:05

最大深度 12.9m
平均深度 8.6m
潜水時間 32分

海底で行ったスキル
マスク全水
フィンピポット
エア切れ
疲労ダイバー曳行

出会った生物(一部)
オイランヨウジ
イヨギンチャクモエビー
コクテンフグ
サザナミフグ
ヤマブキハゼ

 

 

次回は2日目(離島沖でのダイビング)についてです。

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー