医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2018春【オセアニア】ニュージーランド10日間

time 2018/03/20

2018春【オセアニア】ニュージーランド10日間

こんにちは、Namiです。

春休みを満喫しております。

3月末の友達との旅行が楽しみです。

 

今回も母親との2人旅です。ニュージーランドは昔ワーキングホリデーで1年間住んでいたのですが、ほとんどを北島で過ごしており南島はクライストチャーチしか行ったことがありませんでした。しかも、帰国前に南島を旅行するつもりがうまく宿が抑えられず、結局オーストラリアの旅行に切り替えたため南島に関しては知らない土地ばかりです。

というわけで南島中心の日程を組みました。南島の中で行きたかった場所をピックアップしてから日程調整したのですが、想像以上に旅行会社が出しているツアーのようなタイトな日程になりました。

母親との旅行ということで出国前にほとんどの手配を終わらせたので、旅行中だけでなく準備段階もかなり大変でした。ニュージーランドには行ってみたいけれど特にこだわりがない方は、無難に旅行会社のツアーに申し込む方がいろいろと楽でいいと思います。

 

でも、

ツアーより地元の暮らしを感じたり、普通では体験できないことができるので、個人旅行は本当に楽しいです!

そしてその楽しさを伝えるためにこのブログをやっているわけです。あと、金額的には同じボリュームのツアーと比べると半額ほどで回れるので、学生さんには特におすすめです。

 

前置きが長くなりました。以下日程です。

個々の詳細については今後の記事にまとめるので、リンクをたどってください。

 

sponsored link

日程

出発前日

午後:某本試験

今回は前泊は必要なかったのですが、前日の午後が試験というかなりきつい日程でした。厳しい試験ではなかったのですが、準備を試験期間中にするのは大変です。宿や航空券は早めにおさえていたのですが、荷物の用意や現地の下調べなど直前にしたいことが増えていってしまって。

買い物は時間を作るのが難しかったのでほとんどAmazonさんにお世話になりました。そもそも試験の翌日を出発日にするのが悪いのですが、この辺りが1日でも多く遊ぶために頑張るところかなと。

 

1日目

年末年始にニュージーランド航空がキャンペーンをしていたので、その時に往復チケットを購入しました。ちなみにニュージーランド航空は頻繁にキャンペーンを行っている模様。その他の航空会社だと日本からの直行便はありません(2018年春現在)。

母親との合流を考えて成田発の便になりました。夜出発、翌日の朝にオークランド着です。

ニュージーランド航空 → 【空旅】ニュージーランド航空
こぼれ話 → チェックイン後に名指しで呼び出された話

 

2日目

朝9時頃、予定通りにオークランドに到着。そのままクライストチャーチに乗り継ぎます。

空港シャトルで宿に移動しチェックイン。その後は市内を観光しました。ここは滞在したことがあるので精神的には余裕がありましたが、飛行機でうまく寝られない体質なのでこの後数日間は慢性的に寝不足でした。

Small kiwi house → 【宿】スモールキウイハウス
クライストチャーチ観光 → 未定

 

3日目

朝早くにバスで出発。1番行きたかったテカポ湖に向かいます。ワーキングホリデーの時はここの宿がとれなかったので、2か月前にベッドを押えました。しかし2か月前でも2人部屋がとれず、4人部屋になってしまいました(しかも男女共用)。

母親には了承を得たのですが、ホテルに変えるかかなり迷いました。結果的にはおとなしい日本人女性2人と同室だったのでよかったです。

日中は村を回ったり湖を見たりして、夜はVELTRAで申し込んでいた星空ツアーに参加しました。こういうツアーは1人で貧乏旅行していたら選ばないので、ちょっとリッチな気分でした。

インターシティ(長距離バス) → 未定
Lakefront Lodge Backpackers → 【宿】レイクフロント ロッジ バックパッカーズ【NZ】
星空ツアー → 2018春【NZ】「マウントジョン天文台」 星空観察ツアー
こぼれ話 → フェイジョアって知ってる?

 

4日目

テカポを離れクイーンズタウンに向かいます。この日は特にすることはなかったので、次の日の準備をして寝ました。しかし宿が微妙で、母親がかなり愚痴っていました。ロケーションは抜群なんですけどね。

Base Queenstown → 【宿】ベース クイーンズタウン【NZ】
こぼれ話 → 『こんな空気耐えられない』と言われた話

 

5日目

クイーンズタウン発着のミルフォードサウンドツアーに参加しました。こちらもVELTRAです。9時発のツアーだったので朝はゆっくりでしたが、帰りは9時半頃とかなり遅いです。

ミルフォードサウンドツアー → 2018春【NZ】ミルフォード・サウンドクルーズ&国立公園散策ツアー
こぼれ話 → 平原の中、置き去りにされるツアー客

 

6日目

朝6時50分発のバスで南下、インバーカーギルに向かいます。ここの宿はかなり変わったシステムでした。普段の安宿に比べるとお高いですが、ホテルよりも快適な環境でした。

ここではチェックインまで過ごしたカフェと、観光案内所がある無料の博物館を中心にまわりました。しばらく食糧事情が悪かったので、夕食は母親がカレーを作ってくれました。

ネイキッドバス(長距離バス) → 未定
Jast Apartments → 【宿】Jast Apartments【NZ】
Meccaspresso(カフェ) → 未定
Southland Museum and Art Gallery → 【NZ】サウスランド博物館

 

7日目

この日は南島の更に南にあるスチュワートアイランドへ。宿の位置が町から少し離れていたので、近くにピックアップポイントのあるツアー(バスとフェリーのみ)を申し込みました。

ブラフという町からフェリーで1時間の場所にあるのですが、この船が結構揺れます。私は一応酔い止めを飲んで乗船しました。

スチュアート島は基本的に散策やトレッキングを楽しむ土地なのですが、この日は朝から雨が降っており1時間ほどの散歩で宿に引き返しました。

ブラフからのフェリー(こぼれ話) → まるでアトラクション ~スチュアート島へのフェリー~
スチュアート島 → 未定
Stewart Island Backpackers → 【宿】スチュワートアイランドバックパッカーズ【NZ】

 

8日目

前日に続きあいにくの雨模様。とはいっても降ったりやんだりなので、気になっていたウルバアイランドを覗きに行くことに。小さなボートで約15分、主な目的は散策です。

その後午後3時過ぎのフェリーで南島に戻り宿でゆったり。この日の夜は特に観光せず、スーパーで買ったラム肉でラムチョップを作って堪能しました。

ウルバアイランド → 未定

 

9日目

旅も終盤、朝一のフライトで北島のオークランドへ。クライストチャーチで乗継がありましたがお昼1時くらいには宿に着きました。

オークランドには4か月ほどいたので、自分好みのお店の場所もわかっている状態で動きやすかったです。時間の早いうちは母のお土産探しに付き合ったり、お土産を不要な荷物と一緒に宅配で頼んだりしました。

その後スカイタワーに上り、カフェでホーキーポーキー(NZのフレーバー)のアイスを食べて今回の旅は終了です。

おすすめのお土産など → 未定
スカイタワー → 【NZ】スカイタワー
Surf ‘N’ Snow Backpackers → 【宿】サーフ アンド スノー バックパッカーズ【NZ】

 

10日目

帰国日です。朝発の便だったので、その日のうちに帰国できました。

 

感想

とても疲れました。毎日毎日タイトなスケジュールで初日から常に疲れていたように思います。しかし逆に言えば10日間をほとんど無駄なく動けたと思います。ニュージーランド南島を満喫できました。

1人での旅行だとこのような日程を組むことはないです。今回は母が一緒ということで、ニュージーランドを楽しんでもらえることを主眼において考えました。体力的にも精神的にも大変でしたが、本当に楽しかったです。

たまには誰かと観光旅行するのもいいですね。でもですね、これは親にも言ったのですが、次に親と旅行するときは旅行会社のツアーを利用したいと思います。今回は以前住んでいた国ということで例外ですが、やはり観光旅行はパッケージツアーが時間もお金もコスパいいと思います。

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

アーカイブ