医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2018春【NZ】ミルフォード・サウンドクルーズ&国立公園散策ツアー

time 2018/04/21

2018春【NZ】ミルフォード・サウンドクルーズ&国立公園散策ツアー

こんにちは、Namiです。

 

 

 

今回のニュージーランド南島旅行で絶対に行きたかった場所の1つです。ミルフォードサウンドに泊まる方法もあったのですが、前後の日程も考えてクイーンズタウンからの日帰りツアーを選びました。

ツアーとしてはVELTRAさんとHISさんが出していると思います。今回はVELTRAさんのツアーを紹介しますが、どちらもおおよそ同じような内容だと思います。

 

sponsored link

世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンドクルーズ&国立公園散策ツアー<クイーンズタウン or テ・アナウ発着>

ツアー詳細はこちら(VELTRAサイト)
→ 世界遺産フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンドクルーズ&国立公園散策ツアー
<クイーンズタウン or テ・アナウ発着>

大人1人NZD120でした。高く見えるかもしれませんが、移動距離が長いので妥当かなと思います。個人的には値段以上に楽しめたと思います。

 

早朝発or朝発

クイーンズタウンから参加する場合、ツアー会社によりますが大体7時発と9時発のものがあります。7時発の方が便数としては多いみたいです。

もともとVELTRAのツアーを選んだのは日程表が7時発になっていたのと、泊まっている宿がピックアップ場所になっていたからでした。早い出発だと朝はしんどいけれど帰りも早いので、夕食もゆっくりとって夜も早く寝れるかなと思ったんです。

でも実際予約を取る画面になったら出発時間9時発しか選べなかったので、そこはちょっと注意です。予約とるか決める前に1度予約画面まで試してみる方がいいと思います。あと、ピックアップもなかったです。普通に町の中心で集合でした。そのあと個別でピックアップがあったのは2,3か所だけでした。

というわけで、私は9時発の便になったわけですが、結果的にこれが正解だったと思っています。7時発はツアー参加人数が多いようで、ミルフォードサウンドでのクルーズでは乗船人数が多くて景色が見にくいことがあるそうです。

夜の時間に余裕があって、ミルフォードサウンドのツアーをゆっくり体験したい場合は9時発がおすすめです。

 

ランチありorなし

ツアーはランチありとなしで選ぶことができます。他のツアーでも大体同じですが、ランチありだと料金がNZD30上乗せされます。ホテル滞在で毎日忙しい場合はランチ付きでもいいと思いますが、ゆっくり個人旅行であればランチ持参がおすすめです。

このツアーのランチは割高ではあるけれど味は満足できるようです。普段のツアーであればおすすめできる内容なのですが、クルーズの時間が遅いので9時発の場合は持ち込みの方が断然いいです。

クイーンズタウン発の場合テアナウで昼食休憩があるので、そこで食べるのがタイミングとしてはベストだと思います。私はフルーツとサンドウィッチを持ち込みましたが、テアナウではピザなどを購入して食べ持ち込んだものはクルーズ中におやつとして食べました。

ツアー付帯のランチは強制的にクルーズ中となるので、クルーズを存分に楽しみたい人にはちょっと邪魔になる気もします。せっかくなのでクルーズ中はデッキに出たいという人は、やはりランチ持ち込みでクルーズ以外のタイミングで済ませるのがよさそうです。

 

集合場所

ツアー会社や時間帯によって変わるとは思いますが、私が参加したツアーは場所が少しわかりにくく、あと少しで乗り遅れるところでした。事前にマップでしっかり確認することをおすすめします。

ちなみに、私達の集合場所はThe Station Bus Stopと書かれていたので、クイーンズタウンについた時に長距離バスが止まった場所だと思い込んでいたんですね。でも、時間になってもバスが来なくて、少し離れた場所にいくつかバスが止まっていたんですがそれは違う会社のもので。

慌てて町のフリーWi-Fiで住所を確認したところ、遠目に見えていたバスがそれらしいということで向かってなんとか乗り込むことができました。注意点はThe Stationというのは駅ではなくビルの名前ということです。もっと言うと、The Station Information Centreという建物なので、そちらで検索すればわかりやすいと思います。

 

往路

ミルフォードサウンドまでの道中、いくつかのスポットに立ち寄ることになります。滞在時間は場所によって異なりますが、そんなにゆっくりできる感じではないです。まあ、写真撮る以外にすることもないので時間が足りないってことはないと思います。

運転手さんがガイドも兼ねているので、止まらないけど有名な場所などは教えてくれます。日本語対応はないです。

 

ミルフォードサウンド クルーズ

クルーズ自体は本数が多いようですが、ツアーごとに使う船が異なるのでバスを降りる前に指定された便に乗ります。時間前に桟橋に乗船待ちの列ができるかもしれません。ツアー参加人数が多い場合は早めに並ぶ方がいいかもしれません。私たちは全員乗ってもスカスカだったので、あまり並ぶ意味はなかったです。

乗船カードを見せて乗り込んだら好きな席に座ります。2階デッキは最初は出られないようになってますが、1階デッキは自由に出入りができたので室内にいる人は少なかったです。クルーズではコーヒーや紅茶が無料で提供されています。セルフサービスでいつでも自由に飲むことができます。

1番の見どころは後半に訪れる滝の下だと思いますが、基本的にクルーズ中はどの方向も奇麗な景色が広がっています。特に天候がいい日は壮大な景色が見られると思います。

 

復路

帰りは途中トイレ休憩があるだけです。運転手さんができるだけ早く帰れるように頑張ってくれます。私たちのバスはほぼ予定通りにクイーンズタウンにつきました。町のスーパーやファストフード店が遅くまでやっているので、帰宅後でも夕食に困ることはないです。

 

感想

晴れる日が少なくて有名なミルフォードサウンドですが、私たちが参加した日は快晴ではないもののきれいな青空が広がってよかったです。

移動時間は長かったですが、行きは特にその長さをあまり感じることもないくらい道中に見どころがありました。帰りはツアーバスということで眠っている時間が長かったです。ほかの乗客の方も寝ている人がほとんどでした。

初めてニュージーランドに行く場合だとなかなか候補にあがらない場所だと思いますが、南島の中でもかなりおすすめです。

 

 

ニュージーランド旅行の他の記事はこちらから
2018春【オセアニア】ニュージーランド10日間

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ