医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2018夏【アルゼンチン】イグアスの滝

time 2019/08/03

2018夏【アルゼンチン】イグアスの滝

こんにちは、Namiです。

今年は1回も花火大会に行けていません。

この後も海外行ってしまうし、今年は諦めモード(・ω・)

 

 

sponsored link

イグアスの滝

世界三大瀑布の1つ、イグアスの滝に行ってきました。イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンにまたがっていて、両方向から楽しむことができます。もともと滝が大好きなので、2日かけてゆっくり観光してきました。今回はアルゼンチン側についてです。

今回の記事は私にしてはかなり写真が多いので、データ量とか気になる方は注意してね。

 

アルゼンチン入国

ガイドさんとの集合は7:15にホテルのフロント。ホテルはブラジル側なので、まずは車でアルゼンチンとの国境に向かいます。ブラジルの出国手続きは車を降りて建物内で行われます。ブラジルは観光でも事前にビザを取る必要があるので、ここでもプリントアウトしたビザを携帯しました。

出国がすんだら車に戻って今度はアルゼンチンへの入国です。こちらは車に乗ったまま行われます。雰囲気的には高速の料金所みたいな感じ。パスポートを渡してスタンプをもらいます。

 

イグアス国立公園に到着

はい、入口到着です。写真は帰りに撮ったので閑散としてますが、朝8時過ぎに着いた際は、人でごったがえしていました。トイレにいくのも一苦労。めっちゃ並んでたし、日本からツアーで来たっぽいおばさま方がたくさんいました。

入口付近からトロッコに乗って移動することも可能なんですが、人が多い時は途中の駅まで徒歩で歩いたほうが速いらしいので、私たちは徒歩で向かいます。

 

トロッコにのって悪魔ののどぶえへ

さてさて、まずはアルゼンチン側の1番の見どころである悪魔ののどぶえまで。トロッコは時間指定の券を発券してもらい、その時間になったら並んで乗り込みます。

トロッコは満席だったけど、下車先はまだそんなにひどい人混みではありませんでした。でも、戻ってきたときはすごい人だったので、行くなら朝一がおすすめです。

トロッコを降りるとそのあとは徒歩で向かいます。天気もよかったので最初は何も気にしてませんでしたが、さすがに途中から水がかかる雰囲気が出てきたのでレインコート装着です。

遊歩道を歩いて行きます。そして道の向こうに悪魔ののどぶえが見えてきました。

テンションあがります( *´艸`)

 

悪魔ののどぶえに到着。風向きで変わりますが、基本的にどこにいても水がかかります。みんなキャーキャー言って騒いでいたので、我々もギャーギャーはしゃいできました。

もうずっとこんな。常に霧の中にいるような感じでした。迫力ある場所に移動すると…。

こっちの方が濡れ方は緩かったかな。とにかく音がすごかったです。

悪魔ののどぶえは道の行き止まりなので、帰る人が少ないとどんどん人が増えていきます。なので、ゆっくりしすぎた私たちが離れる頃にはすごい行列が。

レインコートは来てましたが、下半身はけっこう濡れてしまいました。でも、乾きやすい生地だったのでよかったです。

 

ローワートレイル

アルゼンチン側の遊歩道は3コースあります。悪魔ののどぶえ、ローワートレイル、アッパートレイルです。

ということで、次はローワートレイルを歩きます。ちなみに、トロッコの駅にあるトイレがどこもものすごい行列でした。ガイドさんの提案でレストランのトイレを利用しましたが、こちらもそこそこ並んでいました。

ローワートレイルは悪魔ののどぶえほどの派手さはないですが、たくさんの滝を間近で楽しめます。緑の中を歩いていくのでマイナスイオンもたっぷりです(・∀・)

水が近くにあるというだけで涼しくなります(気持ち)。

滝は大きくないものもありますが水量は十分です。

虹は公園内で何回も見かけました。

そして実はここ、ボートに乗って滝に突っ込むというアクティビティが体験できます。そもそもボートに乗らなくたって髪の毛びしょびしょになるくらい濡れることはできますが、1番滝を近くで体験できるのはこのアクティビティだと思います。

私たちはしませんでしたが、やっている人たちを上から見ることができました。滝に突っ込んでいく様子はこちら。

もうね、船でキャーキャー言ってるのが聞こえてきて、こっちまで楽しくなっちゃいます。全員レインコートは着ているんですけど、帰ってくるボートみたら、もれなく全員びしょぬれでした(*‘∀‘)

ローワートレイルのなかで私が1番好きなポイントがこちら。

めっちゃきれいじゃないですか?(*´ω`*) ここは滝つぼのとこまで遊歩道が伸びていて、1番近くまでいくとかなり濡れます。滝の上に人が見えると思うんですけど、そこがアッパートレイルになっています。

そしてローワートレイルのラストがこちら。なんだか名残惜しそうにこちらを見ています。

 

アッパートレイル

最後にまわったアッパートレイルですが、正直この日まわった中ではそんなに魅力的ではありませんでした。いや、十分いいとこなんですけど、その他が良すぎたっていうね。なので、写真の枚数も控えめです。

アッパートレイルはその名の通り滝を上から眺めるので、

滝っぽい滝をみることはあまりないです。ゆったりとした風景が広がります。

上からのぞき込むポイントもありますが、そこから広がる景色は写真にはなかなかとれませんでした。

 

昼食

アッパートレイルはさくっとすませてレストランエリアに戻ってきました。ガイドさんにはビュッフェを勧められたのですが、見せてもらったメニューがなんだか肉々しかったので、となりのファストフード的なところで買うことにしました。

メニューは全てスペイン語でよくわからないですが、前方のモニターに料理の写真が映し出されるので、食べたい料理が表示されている時に写真に撮ってレジで見せて注文しました。

今回注文した料理はこちら。

選んだ基準は野菜の量です。もちろんお肉も食べましたが、旅行で外食続けていると野菜不足感が否めないので(・ω・‛) どちらもおいしかったです。

 

三国国境を通って帰宅

アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの三か国の国境である場所に連れて行ってもらいました。特に何があるわけでもないんですが、島国出身だからか国境ってだけでちょっとテンション上がります。

ちなみに帰りもアルゼンチン出国とブラジル入国の手続きがありました。アルゼンチン出国が車が全然進まなくて大変でしたが、そこを超えたら渋滞もなく夕方にはホテルに戻れました。

 

感想

とてもとてもよいところでした。滝好きの私は1日中ずっといられたであろう、むしろ1日じゃ足りないくらいの素敵な場所でした。天気も良く、空の青と滝の白のコントラストが非常に良かったです。

どうしよう、本当によかったし、また行きたいし(でも遠すぎて行けない)、この想いを伝えたいけど語彙力が足りなくてうまく伝えられないのが悔しいです(´・ω・`)

日本の滝もいくつか見たことがあるけど、やはりここは別格でした。ナイアガラの滝も規模はおおきいけれど、全然違う良さがあります。実は私が1番好きなポイントはブラジル側にあるのですが、イグアスの滝の観光が1日だけなら、いろいろな姿を楽しめるアルゼンチン側の方がおすすめです。

 

 

その他の南米旅行の記事はこちらから
→ 2018夏【南米】5ヶ国周遊16日間

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ