医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

【旅行会社】カントゥータトラベル

time 2019/07/28

【旅行会社】カントゥータトラベル

こんにちは、Namiです。

夏休みに入って曜日感覚を失いつつあります。

常に週末気分、いいのか悪いのか。

 

 

sponsored link

カントゥータトラベル

在ペルー・南米個人旅行専門店 カントゥータトラベル(公式サイト)

 

選んだ理由

実は最初は大手の日本からのツアーを考えていました。でも、まず料金が高いし毎日出発してるわけでもない。それに1人参加だと更に追加料金がかかる。そして私の行きたい所を全部網羅しているツアーがない。で、親に相談すると「お金なんとかしてあげるからツアー2回いけば?」とのこと。

んー、いやでもなあ(´_ゝ`) 非常にありがたいお言葉なのですが、そもそも地球の裏側に2回もいくのしんどくない?お金もなんとかするっていうけどやばくない? と色々考えて、現地発のツアーを利用することにしました。

ちなみに「私(母)のこと連れて行ってくれるよね(*^ω^*)?だってお金出してあげるんだもんね(*^ω^*)?」と半ば脅されたので、今回は母親との2人旅です。

 

内容

カントゥータトラベルは個人旅行専門ということで、どこまで頼むかっていうのをこちらで決めることができます。今回は南米内の移動(飛行機)と宿、空港と宿の移動、要所要所の観光ガイドをお願いしました。

航空券の手配は自分ですることも可能でしたが、手配料はそこまでかからないですし、何しろ南米内の航空会社の知識がないのでおまかせしました(曜日によってとんでいない路線が多いので自分で日程組むのはなかなか大変です)。

日程やフライトがおおよそかたまると観光を含めた日程案を提示してくれます。その中から必要ないと思うものを除いたり、逆に必要な援助はつけてもらって旅程を固めていきます。今回は英語のできない母と一緒だったので、観光はできるだけ日本語ガイドでお願いしました。学生での貧乏旅行なら自分たちで動く醍醐味っていうのもありますけど、母の世代ならガイド付きの方が断然よい気がします。単純に建築を見て楽しみたいとかなら例外だと思いますけど。。

空港ホテル間の送迎は私の希望です。電車系の移動手段がないところは苦手でして、特にタクシーはできるだけ乗りたくないんです。安くすむかもしれないけど、嫌な気分になる可能性もあるわけで、お金で解決できるなら前もって防ぎたいんですよ。

正直ぼったくられるくらいなら全然いいんです。でも、女だけでのるのって犯罪に巻き込まれる可能性高いと思うんですよね。「そんなん大丈夫でしょ。心配しすぎ。」っていう人もいると思います。でも、今まで女一人でいろんなところ旅してきて何も事件に巻き込まれたことない(すりとかおつり騙されるとかレベルもない)のは、これだけ予防線はっているおかげだと思っています。

というわけで、ツアー料金はかなり値が張りました(詳細は後述)。でもこれでも同じことを日本からツアーで申し込むより断然安いです(ホテルのランクは多分異なります)。

 

日本での対応

スタッフは全員南米にいらっしゃるので、連絡は全てメールで行いました。丁寧な対応だった印象です。1回だけ送ったメールに返信こなくて確認のメール出したくらいかな。

時差があるのですぐに返信がくるわけではありません。なので、やり取りは常に時間に余裕をもったほうがよさそうです。まあ、時間に余裕とか、何するときでもそうなんですけど。

 

費用詳細

ホテル宿泊(10泊)+ガイド付き観光:一人約USD2290(25万円弱)
南米国内移動費(航空券)+発券手数料:一人約USD2250(約24万円)
日本南米間航空券:一人30万円弱
ガラパゴス宿泊費、現地ツアー代など:一人約4万円
あと諸々(食費など)

大きいところはこんな感じです。ツアー会社に払ったのは上2つです。日本南米間航空券はうまく取れなかったことを自覚しているので、いくらかかったのかは秘密です。行きと帰りのルートが異なるので難しいですが、多分ユナイテッドで両方とれば費用はそこそこ抑えられたと思います。

ここまで書いて参考にユナイテッドで両方とったらどうなるか調べてみたんですけど、結果ほぼ同じかそれより高く、しかも乗継回数が私のとったフライトよりも多かったので、結果的にそんなに高くはなかったようです。

よって全部こみこみで(現地での食費なんかは除いて)
約85万円となりました。

 

これどう思います?普通に考えたら高いんですけど、日本からのツアーで行くと飛行機エコノミーで大体50万くらいなんですよね。じゃあやっぱり高いやん?ってなりそうなんですけど、実はそうじゃないんです。

基本的に日本からのツアーで50万切ってるツアーは、イグアス・ナスカ・マチュピチュとか、基本3か所巡るやつで、しかも大抵ナスカが入り込んでくるんですよ。私ナスカ興味ないのでね、ウユニ入れて欲しいんですけど、ウユニ入れると日程の関係なのか料金が80万超えてくるんですね。

それでも今回かかった金額より安いんですけど、よくよくかんがえたら私の85万にはガラパゴスが含まれているわけですよ。南米周遊でイグアスとガラパゴスが両方入ってるツアーって皆無なので、ほぼほぼ同じ料金で行きたい所全部制覇したってことで結果安くすんでるんじゃないかなって感じです(*‘∀‘)

もちろんツアーなんか使わない、自力で全部動く、っていうバックパッカーの方々の予算とは比べ物にならないくらい高額だとは思いますが、高齢の母と一緒ってことも加味するとベストな選択だったと信じてます。

 

ガイド付き観光について

料金に入っていた分をまとめます

・アルゼンチン側イグアスの滝観光(日本語ガイド)終日
・ブラジル側イグアスの滝観光(日本語ガイド)午後
・リマ市内観光(日本語ガイド:日本人)3時間
・マチュピチュ遺跡観光(日本語ガイド)午前
・クスコ市内観光(日本語ガイド)2時間
・ウユニ塩湖観光&夕日鑑賞ツアー(英語ガイド)終日
・ラパス市内観光(英語ガイド)4時間

その他ツアー代として含まれていた物

・クスコ⇄マチュピチュ交通費(インカレイル)
・マチュピチュ山登山

ガイド付き観光を減らすと料金が変動します。リマ市内観光についてははずすか悩んだのですが、はずしても1人7000円しか節約できないとのことで、そのままつけてもらいました。結果的には唯一の日本人ガイドさんで、気兼ねなくいろいろ質問できてよかったです(日本人の安心感半端ない)。

 

現地での対応

南米ということで、フライトのキャンセルがあったりして日程が大幅に崩れることがありました。その時は送迎スタッフとオフィスのスタッフが手を尽くしてくれまして、多少追加料金(航空券取り直しのため)がかかってしまいましたが、予定していた観光地を全てまわることができ、現地ツアーの日程変更による追加料金も発生しませんでした。本当によかった。

観光ガイドさん方もみなさん丁寧でよい方ばかりでした。まあ、観光を終えた後、quality controlとして別のスタッフが派遣され、ガイドの評価をとるという形式だったからかもしれません(一部の観光)。

 

感想

とてもよかったです。最初から最後まで嫌な気分になることなく、よい関係で過ごせました。後々キャンセルされた飛行機の航空券払い戻し(一部)もあり、帰国後もお世話になりました。

個人的にはもう南米に行く機会はないと思うのですが、ある程度ツアーを中心に安く回りたい人に「カントゥータトラベル」はおすすめできると思います。エクアドルはサポート対象外らしくガラパゴスに関するツアーは取り扱っていないそうなので、そちらは個人手配になります。

最初に母から提案された南米周遊とガラパゴスツアーを分けて行かなくて本当によかったです。感謝。

 

 

その他の南米旅行の記事はこちらから
→ 2018夏【南米】5ヶ国周遊16日間

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ