医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

【SG】雨の日の過ごし方 ~科学センター~

time 2018/08/11

【SG】雨の日の過ごし方 ~科学センター~

こんにちは、Namiです。

引き続きGWのシンガポール。

いつになったら記事がリアルに追いつくのか…。

 

 

sponsored link

3日目

この日は朝から雷がゴロゴロ。無理やり外で遊ぶより、室内で楽しめるところを探しました。

というわけで科学センターへ。元々朝から行く予定だった国立蘭園には天気の回復具合をみつつ、午後の予定に組み込みました。(とかいって結局雨の中行きましたが…。)

 

シンガポール・サイエンスセンター

地下鉄で簡単に行けますが、中心地からだと距離があるので時間はかかります。駅は結構広いので最初はちょっと迷うかもしれません。

まずはバス乗り場の方向に向かって歩き、JCUBEという建物に向かう横断歩道を渡ります。あとは色々道があると思いますが、多分JCUBEの脇を通り抜けていくのが1番近くてわかりやすいです。

ちなみに、科学センターに着くまでに雨の中を歩く必要があるので、折りたたみ傘をさして歩いていても割と濡れます。土砂降りの日はタオル必須。

 

チケット購入

科学センターについたらまずはチケット購入の列に並びます。窓口に行く前に係りの人がどのタイプのチケットを何枚買うか聞いて紙にメモしていました。…が、なぜか私だけ聞かれず。まあそれでも窓口で普通に購入できました。

別料金の特別展示があります。私はスタンダードな部分だけのチケットにしましたが、それでも十分楽しめました。特別展示は時期によって内容が変わると思うので、興味があれば追加料金を払ってみてみるのもいいと思います。

リュックなど荷物をロッカーに預けたい場合は、チケットカウンターの近くにコインロッカーがあります。

 

展示内容

チケットを購入したら建物の奥に進みます。ちなみに、入場口手前を右にまわるとギフトショップがあります。特別展示も同じ方向だったと思います。

中に入ると目の錯覚を利用した絵から始まり、体験型の展示がたくさんあります。私は平日に行きましたがそれでも人が多く、やりたいものを全て触れたわけではないですが、ある程度みんなちゃんと順番待ちしているので(小さい子どもは除く)時間をかければしたいことは全てできると思われます。

フロアが広いので、あまりゆっくりしすぎるとかなり時間がかかると思います。私は前半のフロアで終わりだと思っていてのろのろしていたので、予定より1時間くらい長く滞在することになりました。個人的には後半の展示の方が好みでしたが、英語の説明があまり読めない場合は前半の方が楽しめそうです。

 

館内で昼食

館内は基本的に飲食禁止だと思いますが、中にはレストランやフードショップがあります。私はフードショップでラクサを頂きました。なかなかにおいしかったです。

テーブルはそんなに多くなかったですが、お昼の混雑時を過ぎていたので席の確保は簡単でした。1人で旅行するときは席取りが面倒なので、わざと時間をずらしてご飯をとることが多いです。

ラクサ$7

 

天気は相変わらず

お昼の後は残りの展示である小さな水族館的なものを見て終了。そして元々行く予定だった国立蘭園へ向かいます。朝に比べれば雨足は弱まったものの相変わらず降り続く雨。でもまあ、そんなものに負けてたら旅行なんてできないですよね。

てなわけで駅に戻ります。小雨だったのでボタニックガーデン駅に着くころにはやんでいることを期待して…。

 

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ