医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2016夏【滋賀】パラグライダー・電動ろくろ・ジオラマ製作2

time 2017/02/10

2016夏【滋賀】パラグライダー・電動ろくろ・ジオラマ製作2

こんにちは、Namiです。

2泊3日滋賀旅行、2日目です。

今回のメインアクティビティ、パラグライダーに挑戦です。

前回までの記事
2016夏【滋賀】パラグライダー・電動ろくろ・ジオラマ製作1

 

宿を決めてからいつものようにアソビューさんで情報収集。

今回はこちらのプランに参加しました。

伊吹山パラグライダースクールさんが主催する1日体験。約5時間で7000円です。

 

アクティビティの体験はたいてい半日か一日か選べるようになっていますが、私は断然一日派です。

体験時間には、移動時間、準備、片付けの時間が含まれているので、半日体験って思った以上に短いです。

あと、初めて経験するものの場合、半日だと楽しめるところまで行けるかどうか怪しいときがあります。

めったに挑戦できないものならなおさら、がっつり一日中浸ってしまうのがおすすめです。

 

sponsored link

本日のスケジュール

2日目

9時 近江長岡駅集合

10時 体験開始

12時 昼休憩

15時 体験終了

17時 宿で休憩

18時 ゆかた祭り

19時30分 宿着

 

車で行く人は現地集合ですが、電車利用の場合は近江長岡駅まで送迎してもらえます。

9時集合だったのですが、実は電車の時間を5分ほど勘違いしていて遅刻しました。

次の電車が約1時間後だったので10時頃に駅へ到着。(もう始まっちゃってるやん…。)

 

パラグライダー1日体験

他の参加者の方々が飛んでる時の姿勢について説明を受けている頃に合流。

しかし、着替えを渡されトイレにて着替えたので、姿勢についての知識もないまま丘へ出向くことになりました。

参加者は私を含めて6人。カップル1組と男2女1の友達グループとご一緒させてもらいました。

 

絶好のパラグライダー日和

実はこの日、前日の天気予報から天候が怪しかったんです。

体験中止にするかぎりぎりだったらしいのですが、私が前日に彦根INしていたため半ば強引に決行されたそう。(前日の夜にお電話いただきました。)

でも結果的に、夏なのに強い日差しもなく、風も大人しかったので「絶好のパラグライダー日和になったよ。Namiさんが彦根に泊まっててくれたからだよ。」のようなことを言っていただきました。。

自然のなかでのアクティビティは運要素も強いです。

 

6人の体験なので、グライダーを3組もって丘へ登ります。

まずは離陸と着地の練習。

離陸と言っても体が浮かないくらいにします。

グライダーが上に上がって体が引っ張られる感覚になったら減速する練習です。

 

手の動きが重要なので、手順としては少ないのですが結構戸惑います。

2回ほど練習したら、斜面のきついほうの丘の中腹まで登ります。

 

体験の流れ

2人1組になって順番に飛んでいきます。

1人が飛んで下に行く→グライダーを持って丘を登る→次の人がグライダーを広げたり準備する→飛ぶ

を繰り返します。一見順番待ちで時間がもったいない気がしますが、グライダーを持って急斜面を登るのってかなり体力が必要で、みんなが待機しているところまで戻ってきたときには疲れちゃってるので休憩が必要です。

なので、あまり待っているという感じもないですし、他の方の飛ぶ様子を見ているだけでも勉強になります。

ただ、やはり天候のいい連休は10人ほど参加者がいることもあるそうなので、体験するさいはお気を付けください。4~6人ほどがベストだと思います。

 

次回は実際に飛んでいる様子を載せます。

 

Have a  good day.

 

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

アーカイブ