医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2017夏【トロント】ナイアガラの滝ツアー

time 2017/09/26

2017夏【トロント】ナイアガラの滝ツアー

こんにちは、Namiです。

次の海外旅行の行き先が決まりそうです。

人生初南米の予感。

 

 

トロントって言ったらやっぱりナイアガラの滝だと思うんです。滝はトロントにあるわけではないですが。

せっかくなのでツアーで行こうと思っていたのですが、日本人のガイドが同行するツアーを現地で検索したところ5日前までに予約しなくてはならず断念しました。結果現地のインフォメーションセンターで紹介してもらった英語ツアーに参加してきました。

 

日本語ツアーor英語ツアー

日本語ツアーと英語ツアーのメリットデメリットについてです。簡潔にまとめます。

日本語ツアー

・快適日本語環境
・日本人ばかりなので(日本人的)常識がある
・ガイドさんが親切(なことが多い)
・お高い
・海外っぽさが少ない
・早めの予約が必要(天気が不明)
・ツアーのバリエーションがない

英語ツアー

・英語力がないときつい
・ガイド中も自由に動く人が多い
・ガイドさんによって満足度が全然違う
・比較的お手頃
・様々な国の人と交流できる(かも)
・前日まで予約可能
・ツアーの選択肢が多い

 

sponsored link

ナイアガラの滝ツアー

予約

私はユニオン駅のインフォメーションセンターで予約をしました。ツアーに参加したい旨を伝えるといくつかパンフレットを見せてくれます。その中から自分に合うものを選んで予約をとってもらいます。

翌日の予約もできますが、次の日が快晴との予報だったのでその日のツアーは満席で、私は2日後の予約をとりました。ツアー会社への予約電話はインフォメーションセンターの方がやってくれます。予約確定後料金を支払って当日の集合場所を教えてもらったら完了です。

 

ツアー名

今回参加したツアーはGRAY LINE TORONTOという会社のTOUR3Aというもの。同じ会社の同じバスで行くツアーでランチのあるなしで30ドル以上値段が違ったので、ランチなしのものにしました。前日にお気に入りのパン屋さんでパンとちまきを買って持っていきました。ランチにかかった3ドル込みで私のツアーでの料金は約140ドルです。

私は左のランチなしツアー

日本語のツアーだと約200ドルかかります。英語ツアーだとランチ付きツアーでも約170ドルなので、かなりお得だと思います。私のツアーでランチを入れるとホテルの高層階でビュッフェが味わえますが、バス内で聞いたメニューだと本当に普通のビュッフェといった感じでツアーの特別感はないかと思われます。

ただ、現地でランチを買う場合ファストフードになることが多いと思います。それが嫌な場合はランチ付きが無難かもしれません。

 

集合場所

ある程度のランクのホテルに泊まっている場合はホテルでのピックアップがあるので楽です。私のようにホステルなどに宿泊している場合は、ダウンタウン付近にあるバスセンターが集合場所になります。

バスセンターには一応軽食の買えるお店がありますが、ツアーに昼食がついてない場合は前日にどこかで買っておくことをお勧めします。集合時間が早めなので、多分スーパーも開店前のことが多いです。

ターミナル待合室

ちなみに地下には開店準備中のお店(秋開店)

 

ワイナリー

どのツアーを選択してもワイナリー、ナイアガラ付近の小さい村、ナイアガラの滝をまわることになります。私たちのツアーは最初にワイナリーに立ち寄りました。

アイスワインを試飲できます。アルコールが苦手な人やお子様向けにジュースもあります。試飲後の自由時間はあまりないので、ワインを買いたい場合はかなり急ぐ必要があります。

 

ナイアガラ付近の小さな村

特になんということもなく。歩いて回れるとても小さい村です。

ナイアガラに行く観光客で生計を立てているのが感じられました。カフェがとても多く、またチョコレートやアイスクリーム屋さんも多かったように思います。

雑貨のお土産なら時間に余裕のあるこの村で買うのもいいかもしれません。

 

ナイアガラ

ナイアガラにあるホテルの高層階でランチビュッフェを味わえます。が、私は近くのベンチで持ってきたランチをいただきました。特に治安が悪い感じもなかったので、持ち物には気をつけましたが危険を感じることもなくのんびり過ごしました。

私の参加したツアーにはナイアガラクルーズが含まれています。(英語の格安ツアーはクルーズがついておらず、自由時間に自分でチケットを購入するスタイルです。)クルーズへの案内のためにホテルのロビーでビュッフェ組と合流し、船の乗り場まで移動します。

 

ナイアガラクルーズ

かなり多くの人が列を作っていますが、1回に乗れる人の数が多いので待ち時間は思ったほど長くないです。乗船前にポンチョをもらいます。

このポンチョ、最初はフードをかぶっていない人も多かったのですが、しっかりかぶって紐もしめておいた方がクルーズを十分に楽しむことができると思います。

船は2階建てで上の階の方が良く見えるかなと思ったのですが、他の方のブログでべちゃべちゃ濡れたくない人は1階の方がお勧めだと書いてあったので最初から1階で待機しました。

滝が近づいてくると風が吹くたびにものすごい水が飛んできました。1階でもかなり濡れます。

最初はアメリカ滝、その後奥にあるカナダ滝に進みます。アメリカ滝の方が規模は小さいですが奇麗な形をしています。カナダ滝はとにかく圧巻、衝撃の水量です。

 

写真はたくさんとりましたが、やはりこういうものは実際に行って体験するのが1番だと思いますので、1枚だけ。後日時間が取れたら動画をアップロードしたいと考えています。

滝だけのきれいな写真は、ぜひ現地に足を運んで手に入れてください。

 

オプショナルツアー

ツアーにはいくつかオプショナルツアーがついていることがあります。私は何もしませんでしたが、同じバスの2組の方々は滝をヘリコプターから楽しめるオプションをつけていました。案内のパンフレット(日本語あり)がバス内においてありました。

他にも滝を裏側からみる体験(船には乗らない)もありますが、自由時間内に戻れるか不安だったので私は行ってません。ナイアガラでの自由時間が長い格安ツアーなら行きやすいのかもしれません。

 

ツアー最後の写真スポット

トロントへ帰る前に滝を上から見ることのできる場所に連れて行ってもらえました。バルコニーのようにせり出ている展望デッキがありますが、風向きによっては常に霧雨が降っているような状態なので、カメラを構えた直後にレンズが濡れることになって写真はとりにくいです。

少し横にずれたところでカナダ滝の端がよく見える場所があるのでそこがおすすめです。私が行ったときには虹もかかっていてかなり奇麗な写真がとれました。

 

感想

トロントは朝から雨が降っていてクルーズができるか心配でしたが、実際滝のある場所は少し離れているので快晴とは言わないまでもなかなかの青空が広がっていたのでよかったです。

ツアーの内容は基本的に満足できるものでした。あとは(別料金でいいので)滝の裏側に行くタイミングを作ってくれていたら最高だったかなと思います。

おそらく私の行った日は満席ではなく、バスも1人で2席使えたので移動も快適でした。快晴の日を狙うのも手ですが、曇りの日しか予約がとれなくても十分楽しめると思います。

 

ツアーで頂いたお土産

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー