医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2019夏【アメリカ】SEA LIFE オーランド水族館

time 2019/10/22

2019夏【アメリカ】SEA LIFE オーランド水族館

こんにちは、Namiです。

最近空気の乾燥が気になります。

朝起きた瞬間から喉が痛い(・ω・‛)

 

 

sponsored link

SEA LIFE Orlando Aquarium

公式ホームページはこちら

 

宿で同じ部屋になったJUDYに水族館が好きなことを伝えたら教えてくれたAquariumです。SeaWorldのように大きくないですが、一般的な水族館でしかも結構宿から近いところにありました。ICON Parkという複合施設内にあります。

これが目印

 

チケット

現地でも買えますが、公式サイトから事前にネット購入で少し安くなります(直前でも購入可)。私は$25.50ドルで購入。複合施設内の他のアトラクションとのセットチケットだと割引があります。私は行かなかったけどマダムタッソーとかね。あと、エクスペディアのチケット予約でも割引あるみたいです。

現地の窓口は2つしかなく、そんなに並んではいませんでしたが列の進みはあまりよくなかったです。でも、ネット購入専用の列があるので、チケットをすでに持っている私はそちらからスムーズに入場できました。

 

館内

そんなに広くないのでゆっくりゆっくりまわりました。一人旅するとどこでもたいてい水族館は行くので、そろそろ魚の名前もわかるようになってきました(・∀・)ワーイ 他の人は一通り水槽眺めたら次に進んで、ってのを繰り返してましたが、せっかく水族館にきてそれじゃもったいない気がします。

最初に眺めた魚

いやあ、このこ可愛いんですよ。ほとんど動かないんですけどね。他の魚が体にあたってもびくともしないのに、ある瞬間急に口をがばーってあけて(*‘∀‘) そういう瞬間見るのが好きなんですよね。

1番長いこと観察したメキシコサンショウウオ

この水槽にはもっともっとたくさんの子たちがいたので、色々な個体間での駆け引きを眺めて楽しみました。他の人たちは全然この水槽に興味なさそうだったけど、アメリカの人ってやっぱり大きいものにしか興味ないんですかね?(・ω・‛)

アメリカの水族館ではどこも押してるタツノオトシゴ

なんかどの都市の水族館でもやけに展示が多いんですけど、アメリカでタツノオトシゴってそんなに人気なんでしょうか。思ったより高頻度で動いてくれるので、こちらの水槽も小さいながら見どころ満載です。

優雅に泳ぐウミガメ

この写真、なんだかカメの目がどこなのかよくわからない瞬間をおさめてしまいました。アップにしても顔がいまいちはっきりしない…。

ウミガメは岩の下でくつろいでいるか泳ぐかで半々って感じだったので、いい写真というかいい姿を見るためにここの通路にある椅子でゆっくり待ちました。せっかく水族館に来たんだから、動いている姿堪能したいしね。

 

感想

好きです!

日本の感覚でいくと狭くて展示少なくて物足りないって感じかもしれませんが、動物の生活を眺められるよい水槽が多かったと思います。でも、イルカのショーとかはないし、大きかったり派手な感じの水槽はないのでかなーり好き嫌いは分かれる気がします。

おすすめかどうかは正直わからない。大衆向けではない気がする。しかし私は好き(*‘∀‘) 長い旅行期間の小休憩に半日遊ぶところを探してる、くらいの人には推していきたい、そんな水族館でした。

 

 

 

その他のアメリカ(オーランド)の記事はこちらから

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ