医学生が大学生活を遊びつくす〜海外旅行・アクティビティ〜

忙しいと言われる医学部の学生生活でどれだけ遊びつくせるか、身をもって検証するブログ。うまく旅するための準備やコツについても書いていきます。

2019夏【アメリカ】ザ・ヘルス・ミュージアム @ヒューストン

time 2020/02/08

2019夏【アメリカ】ザ・ヘルス・ミュージアム @ヒューストン

こんにちは、Namiです。

やっとスノボに行く日程とれそうだ!!

と思ったら今年は暖冬であまり雪積もってないんですね(・ω・‛)

 

 

sponsored link

The Health Museum

ヒューストン美術館から少し歩いたところにあります。

 

受付もフロアもわかりやすい

木曜の午後2時からは無料で入場できます。入ると人数と郵便番号を聞かれました。「え?私の家の?」って聞き返したら「そうよ(*‘∀‘)」って言われたので馬鹿正直に伝えましたが、桁が多すぎて途中からメモされてなかった気がします。

フロアマップなどはありませんでしたが、1階部分だけの展示で受付から見渡せる範囲にほとんどのものがあります。展示物は多くないので、そこだけだとすぐにまわれてしまいます。

ヒトについての紹介エリア

展示の仕方は趣向を凝らしてあり、医学生的には知っていることは多いものの楽しめる内容でした。でもやはり基本は子供向けに作られている感じはあります。

 

体内の仕組みを映像で

といってもアニメーションがメインなのですが、ミニシアターで定期的に上映されています。1つ入って見てみたのですが、私にとっては簡単な(子供向けの)英語で話しているので理解しやすくよかったです。英語ネイティブの大人だけで来ている人は上映始まってすぐに、席を立っていなくなることが多かったです。

上映開始時間を見ると1時間くらいの映像なのかと思ってしまいますが、多分どれも15分位なので休憩がてら軽く見る感じでいくとよいと思います。

 

この博物館のメインは多分これ

多分…なのですが、というか完全に私の好みなのですが、博物館の中央にパズルエリアがあります。問題が書いてあってそれを頭と手を使って解くというものです。

これがね、本当に楽しかった。もちろん問題が英語で書かれているのでいくつか問題の意図がわからず解けないものもありましたが、やり方がわかったものは全て解いてきました(・∀・)(そのせいで大勢時間が2時間超えたのは内緒です)

例えばこんな(解き始める前)

これ、めっちゃ時間かかりました。もうね、うまい考え方が全然思いつかなくて、結局全ての手を順に試すという地道な方法で答えにたどり着きました⊂⌒~⊃。Д。)⊃

その他のパズルもたくさん解いたんですけど、写真に残ってるのができた後のものしかなかったので載せるのは自重します。

 

感想

本当に楽しかった!久々にこんな頭使った気がします。木曜の美術館・博物館は無料公開ということでどこも人がそこそこ多いはずなのに、ここは木曜でもそんなに混んでいないし(子どもは多いので体内展示エリアは混んでるかも)パズル好きなら間違いなく楽しめます。童心にかえれます(*‘∀‘)

そんなに興味ない人でも、無料なら立ち寄ってみてもいいんじゃない?って思うので、木曜のザ・ヘルス・ミュージアム、おすすめです。

 

 

アメリカ(ヒューストン)のその他の記事はこちらから

 

Have a good day.

sponsored link

down

コメントする




管理人

Nami

Nami

某国立大医学部に通っています。2016年4月入学。 休みができたらすぐ旅行に行きたくなっちゃう、そんな人。 旅行関係の記事はタイムラグが大きいので、ツイッター併用しています。(@nami_trip)    週3(火木土)の更新を目指していますが、現状かなり不定期です。 [詳細]

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ